鶏肉のみそチーズ焼き | 和食にチーズ・プロジェクト | チーズレシピ | 明治北海道十勝 | 株式会社 明治

ニッポンの食卓をワクワクさせる チーズレシピ

和食にチーズ・プロジェクト vol.14 「鶏肉のみそチーズ焼き」 Produced by 日本料理人・笹岡隆次×ムらじん編集室

鶏肉のみそチーズ焼き

今回は、フライパン1つで手軽に出来る、さっぱりとした味わいの一品です。むね肉は比較的安く手に入るため、主婦の財布には優しい食材です。
ジューシーに焼きあがった鶏むね肉に、甘辛い味噌と、チーズがからんだレタスとキュウリの食感。さっぱりながらコクとうまみも感じられ、ごはんにもよく合うおいしさです。ちなみに、細切りチーズの量は好みで調整してほしいのですが、ちょっと多いかな?というくらいがおいしいです。また、皿に盛り付けた後、さらに胡椒や七味、山椒などをかければ、酒のつまみにピッタリな大人の味に変化するので、そちらもぜひおすすめです。

材料4人分

  • ・鶏むね肉520g(1人前130g)
  • ・レタス1/4個
  • ・きゅうり1本
  • ・明治北海道十勝細切りチーズ適宜
  • ・塩適宜
  • ・胡椒適宜
  • ・酒適宜
  • ・サラダ油適宜
  • ・アスパラガス4本
  • 【練り味噌(作りやすい分量)】
  • ・味噌60g
  • ・みりん20cc
  • ・酒5cc
  • ・砂糖35g
  • ・水20cc
  • ・醤油少々

作り方

作り方
  • <1>鶏むね肉を1cm幅くらいに削ぎ切りし、塩・胡椒・酒で下味をつけ、10分ほど置く。
  • <2>【練り味噌】の材料を合わせ、4〜5分火にかけて軽く煮詰める。
  • <3>レタスときゅうりは5cmくらいの長さの千切りに、アスパラガスは1本を3等分に切る。
  • <4>切ったレタスときゅうり、明治北海道十勝細切りチーズをボールに入れて混ぜ合わせる。
  • <5>熱したフライパンにサラダ油をしき、鶏肉を並べ、両面に軽く焼き色をつける。アスパラガスを加え、全体に軽く塩・胡椒をふり、肉を動かしてアスパラガスに脂を回しながら、中火(もしくは弱火)で表面を約3分ほど焼く。こんがり焼き色がついたところで裏返し、さらに裏面を2分ほど焼く。
  • <6>肉の表面に<2>を塗る。
  • <7><6>の上に<4>をたっぷりのせ、ふたをして50秒ほど蒸し焼きにする。
  • <8>チーズがとろけて野菜がしんなりしたところで皿に盛り、アスパラガスを添える。好みで胡椒や七味、山椒などをかけてもよい。
笹岡隆次さん

笹岡隆次さん

東京築地生まれ。
赤坂の料亭「長谷川」、新橋「一楽」、三田「菱沼」で修業の後、
97年34歳で独立、日本料理店『天現寺 笹岡』を開く。
北大路魯山人の薫陶を受けた師匠に学んだことから魯山人の直系弟子とされる。

「天現寺 笹岡」  住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-18中村ビル1階 Tel.03-3444-1233
「恵比寿 笹岡」  住所:東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル5階 Tel.03-3287-9088

このレシピで使用した商品

  • 明治北海道十勝細切りチーズ
ページの先頭へ