“きつねのかくれんぼ” サラダ風 | 和食にチーズ・プロジェクト | チーズレシピ | 明治北海道十勝 | 株式会社 明治

ニッポンの食卓をワクワクさせる チーズレシピ

和食にチーズ・プロジェクト vol.10 「“きつねのかくれんぼ” サラダ風」 Produced by 日本料理人・笹岡隆次×ムらじん編集室

“きつねのかくれんぼ” サラダ風

野菜の上にアツアツのお揚げ、その上に冷たいめんつゆのシャーベットソースをかけます。口に入れると、温度差の妙が楽しい。また、チーズのまろやかさと、めんつゆだしのうま味、揚げの味わいが見事に調和しています。いろんな料理に使えるうす揚げは、手軽な割に、満足度の高い素材です。中に入れる具は、野菜はもちろん、肉やビーフン、豆腐をくずしてチーズと絡めてもおいしいのではないでしょうか?
具だけでなく、かけるソースを変えても全く違う味わいになります。和風のメニューが、一気に洋風に変化して面白いですね。

材料4〜5人分

  • ・油揚げ6枚
  • ・明治北海道十勝スライスチーズ12枚
  • ・にんじん100g
  • ・れんこん160g
  • ・酒10cc
  • ・醤油25cc
  • ・みりん20cc
  • ・だし20cc
  • ・酢適量
  • ・市販のめんつゆ適量
  • ・トマトケチャップ適量
  • ・中濃ソース適量
  • ・レタス適宜
  • ・ブロッコリー適宜
  • ・ミニトマト適宜

作り方

作り方
  • <1>めんつゆを冷凍庫で凍らせ、途中で2〜3回クラッシュする(めんつゆはほんの少し濃いめに)。
  • <2>油揚げを沸騰した湯に通して、油抜きをする。水気をとり、半分に切る。包丁を入れて袋状にする。
  • <3>にんじんを半月切り(またはいちょう切り)にして、水にくぐらせ、水気を切る。れんこんも同じようにスライスし、水にさらす。その後、酢水にくぐらせ、水で洗い、水気を切る。
  • <4>鍋に酒、醤油、みりん、だしを入れて熱し、<3>を加えて炒め煮する。火が通ったら、広いバットにあけて粗熱をとる。
  • <5><4>のにんじんとれんこんをチーズではさむようにして、<2>の油揚げに詰める(チーズを油揚げの大きさに合わせてカットすると詰めやすい)。
  • <6>ブロッコリーを小房に分け、茹でて冷ます。サニーレタスを水にさらし、水気を切る。ミニトマトを半分に切る。
  • <7>フライパンで<5>の両面を焼く。オーブントースターで焼いても良い。
  • <8>皿にサニーレタスをしき、三角形に切った<7>をのせ、<1>のシャーベットソースをかける。または、トマトケチャップと中濃ソースを同割にしてかける。ブロッコリー、トマトを添える。
笹岡隆次さん

笹岡隆次さん

東京築地生まれ。
赤坂の料亭「長谷川」、新橋「一楽」、三田「菱沼」で修業の後、
97年34歳で独立、日本料理店『天現寺 笹岡』を開く。
北大路魯山人の薫陶を受けた師匠に学んだことから魯山人の直系弟子とされる。

「天現寺 笹岡」  住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-18中村ビル1階 Tel.03-3444-1233
「恵比寿 笹岡」  住所:東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル5階 Tel.03-3287-9088

このレシピで使用した商品

  • 明治北海道十勝スライスチーズ
ページの先頭へ