チーズ海苔弁当 | 和食にチーズ・プロジェクト | チーズレシピ | 明治北海道十勝 | 株式会社 明治

ニッポンの食卓をワクワクさせる チーズレシピ

和食にチーズ・プロジェクト vol.09 「チーズ海苔弁当」 Produced by 日本料理人・笹岡隆次×ムらじん編集室

チーズ海苔弁当

お弁当を持って出かけるのに、気持ちのいい季節になってきました。「和食にチーズプロジェクト」第9弾では、ごはんの間にスライスチーズをはさんだ海苔弁当を作りました。
ハム&チーズロールなど、チーズを使うおかずは多々あるけれど、今回は白いごはんとのコラボレーションです。醤油がしみた海苔ごはんにチーズが加わると、深く濃厚な味わいと独特の食感が口に広がります。予想に反してしつこさはなく、各素材の持ち味がうまく混ざり合っている感じです。

材料1人分

ごはん
  • ・ごはん適量
  • ・海苔適量
  • ・醤油少々
  • ・明治北海道十勝スライスチーズ1枚
  • ・ちりめんじゃこ適量
  • ・桜えび適量
おかず
  • ・天ぷら※下記参照
  • ・ブロッコリー20g
  • ・新じゃがいも30g(中1/4個)
  • ・夏みかん2〜3袋
  • ・海苔適宜
  • ・天ぷら粉適宜
  • ・カレー粉適宜
  • ・塩適宜
  • ・醤油適宜
  • ・みりん適宜
  • ・マヨネーズ適宜
  • 【※天ぷら】
  • ・えび2尾
  • ・ソーセージ1本
  • ・グリーンアスパラガス1/2本

作り方

作り方
ごはん
  • <1>炊いたごはんを少し冷まして、半分の量を弁当箱に入れる。
  • <2><1>の上に軽く醤油を付けた海苔を乗せ、その上にスライスチーズを重ねる。
  • <3><2>の上に<1>の残りのごはん、醤油を付けたのりを載せる。最後にちりめんじゃこと刻んだ桜えびを散らす。※海苔は小さくちぎって並べると、食べる時に箸が入れやすい。
おかず
  • <1>えびは尾を上にして丸め、楊枝で固定する。アスパラガスに海苔を巻く。
  • <2>水に溶いた天ぷら粉に<1>を付け、アスパラガス、えびの順で揚げる。
  • <3>天ぷら粉にカレー粉を混ぜて、ソーセージを揚げる。
  • <4>ブロッコリーを一口サイズに切って、茹でる。
  • <5>新じゃがいもを一口サイズに切って茹で、柔らかくなったら水気を切る。再び弱火にかけて水分をとばし、粉をふかす。塩をふって味付けする。
  • <6>弁当箱に詰める際、えびとアスパラガスの天ぷらに、醤油とみりん(同量を混ぜ合わす)をハケで塗る。アスパラガス、ソーセージの天ぷらを2〜3センチの長さに切る。ブロッコリーにマヨネーズを添える。

笹岡隆次シェフが教えます 目からウロコの調理の基本

ブロッコリーの切り方
《ブロッコリーの切り方》

大きなブロッコリーの房を切る時は、まず包丁で芯に切り目を入れ、後は指で引き裂きましょう。花がポロポロ落ちず、きれいに切り分けることができますよ。

笹岡隆次さん

笹岡隆次さん

東京築地生まれ。
赤坂の料亭「長谷川」、新橋「一楽」、三田「菱沼」で修業の後、
97年34歳で独立、日本料理店『天現寺 笹岡』を開く。
北大路魯山人の薫陶を受けた師匠に学んだことから魯山人の直系弟子とされる。

「天現寺 笹岡」  住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-18中村ビル1階 Tel.03-3444-1233
「恵比寿 笹岡」  住所:東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル5階 Tel.03-3287-9088

このレシピで使用した商品

  • 明治北海道十勝スライスチーズ
ページの先頭へ