明治TOP > CSR活動 > 地球環境とともに > (株)明治自然環境保全区での活動

地球環境とともに

地球環境とともに

(株)明治自然環境保全区での活動

活動トピックス(株)明治自然環境保全区について日本野鳥の会との共同活動(株)明治自然環境保全区での活動のあゆみ

日本野鳥の会との共同活動

2007年、明治は公益財団法人日本野鳥の会と野鳥保護に関する協定を結び、(株)明治自然環境保全区に「明治野鳥保護区槍昔」「明治野鳥保護区牧の内」を設定しました。これを受けて、明治と日本野鳥の会は連携して、毎年、自然保護に関する様々な調査や活動を行っています。

 

 

(株)明治自然環境保全区における希少鳥類調査の報告(2014年度)

牧の内保全区や槍昔保全区には、絶滅危惧Ⅱ類に指定されているタンチョウやオジロワシが毎年繁殖しています。これら保全区で繁殖するタンチョウを守るため、日本野鳥の会と株式会社明治は、2007年に協定を結び、2つの保全区を野鳥保護区に設定しました。また、タンチョウやオジロワシだけでなく、保全区で生きる多様な動植物を守るため、共同で自然環境管理や動植物の調査など、さまざまな保全活動を進めています。

 

2014年度は下記の調査を実施しました。

  • ・タンチョウおよびオジロワシの繁殖確認調査
  • ・牧の内保全区におけるオジロワシの繁殖期行動圏調査

タンチョウやオジロワシの繁殖確認調査

牧の内保全区と槍昔保全区の周辺で繁殖するタンチョウやオジロワシには、保全区の中で営巣して子育てをするものもいれば、保全区の周辺部で営巣し保全区を子育てに利用するものもいます。そこで、毎年実施しているこの調査では、近隣で営巣するつがいも含めて繁殖状況を確認しています。調査対象となるのは、牧の内保全区を利用するタンチョウとオジロワシの各2つがい、槍昔保全区を利用するタンチョウ2つがいとオジロワシ1つがいです。

写真

写真
タンチョウ(左)とオジロワシ(右)

2014年には、牧の内保全区を利用するタンチョウが2つがいとも繁殖し、それぞれ1羽の幼鳥を育てました。オジロワシについても、2つがいともに繁殖を成功させ、こちらも1羽ずつの幼鳥が無事に巣立ちました。また、槍昔保全区を利用するオジロワシについては、保全区内で営巣した1つがいから無事に1羽の幼鳥が巣立ちました。しかし、タンチョウについては、2つがいともに繁殖が成功せず、残念な結果となってしまいました。タンチョウやオジロワシは20年以上生きる鳥類ですので、次回の繁殖に期待です。

写真

写真
繁殖状況を観察する日本野鳥の会の職員。 左は牧の内保全区、右は槍昔保全区での様子。

牧の内保全区におけるオジロワシの繁殖期行動圏調査

樹上のオジロワシのつがい

オジロワシは、湿原や湖沼などの水辺と森林の境に生える巨木の樹上に巣を構えて繁殖し、魚や水鳥、動物の死体などを食べて生活しています。そのため、彼らにとって巨木のある森林と餌資源の豊富な湿原などの水辺は重要です。牧の内保全区は、標高40m程の段丘上に広がる北側の草原部分と、段丘下の沼との間に広がる湿原部分に分かれています。そして、その間を繋ぐのが深い森林です。

このような自然環境の中、オジロワシはオンネ沼とタンネ沼の畔に約2㎞の間隔をあけて営巣しています。このような豊かな環境が残る牧の内保全区だからこそ、2つがいものオジロワシが繁殖できるのです。

牧の内保全区の段丘下の湿原と沼

牧の内保全区の段丘上の草原

オジロワシが繁殖する牧の内保全区は、市街地に隣接しており、自然観察会や環境学習の場としても利用しやすい場所にあります。そのため、このような活動がオジロワシの繁殖に影響を与えないように注意しなくてはなりません。そこで2014年には、繁殖期においてオジロワシの行動する範囲を把握する調査を実施しました。

調査日を抱卵期の4月、育雛期の5月、巣立ち後の8月に設定し、保全区全体を見渡せる4ヶ所に調査地点を設けました。調査地点では、午前7時から午後5時の間、調査員がオジロワシを観察し、飛行しているルートや高さを記録します。同時に複数のオジロワシが飛ぶこともありますので、複数人数で観察をしました。

写真

調査地点の位置

拡大

写真

観察を行う調査員

調査の結果、4月から8月までの間、2つがいのオジロワシは、保全区が面しているタンネ沼とオンネ沼とその周辺湿原上空を隈なく利用していました。さらに、見晴らしの良い湿原に生える木や、保全区内の森林の樹上などを休息の場として利用していることも分かりました。

写真

オジロワシの飛翔軌跡
(4月、5月、8月)

拡大

写真

調査期間を通してオジロワシが止まった位置

拡大

また、保全区の段丘下となる湿原や森林部分、そして2つの沼はオジロワシが利用する重要な区域であり、特に営巣木の近くは繁殖したオジロワシの重要な子育ての場になることが明らかになりました。環境管理や環境学習などで利用する際には、段丘下の利用はオジロワシの生息を脅かさないように十分に気をつける必要があります。

写真

写真

オジロワシのよく止まる段丘斜面の森林(左)と湿原に生える立木(右)

なお、2014年の調査では、牧の内保全区のオジロワシに注目しましたが、同じ時期にタンチョウも繁殖を成功させています。タンチョウやオジロワシが繁殖するためには、湿原環境や森林環境に加え、豊かな餌資源が必要です。調査を通して、この2種類が共に繁殖する牧の内保全区は、非常に豊かな自然が残っていることが再確認できました。

 

 

 

牧の内自然観察会を開催

(株)明治は、今年も日本野鳥の会と共同で、7月5日(土)に「根室自然環境牧の内保全区(明治野鳥保護区牧の内)」で、地元の小学生と保護者のための自然観察会を開催しました。この自然観察会は、地元の人々に普段は入ることのできない自然環境保全区を観察してもらうことで、故郷の自然の豊かさ、素晴らしさを感じていただくことを目的として毎年行っています。今回は、根室市の全小学校を通じた告知や自然環境への関心の高まりもあり、前年度より16名も多い24名(子ども13名、保護者11名)の参加がありました。

写真

写真

草花・野鳥を観察する様子

当日は近くの体育館に午前9時に集合し、日本野鳥の会のレンジャーからスケジュールと注意事項の説明を聞いた後、牧の内保全区へ歩いて向かいました。保全区内では、草原を親子で楽しく歩きながら、草花や野鳥を観察しました。その後、保全区内の植樹区画へ移動し、植樹しました。親子で協力しながら、少し硬い土をスコップで掘り、ミズナラやヤチダモを50本ずつ植えました。最後に苗木の側に子どもたち全員の名前の入った看板を立てました。
今回も滞りなく自然観察会を行うことができ、子どもたちも元気に楽しんでいました。植えた苗木がしっかりと根づき、子どもたちとともに大きく成長することでしょう。

写真

親子で力を合わせて植樹

写真

 

写真

参加者の皆さん

 

 

 

T25家族の「1年」122

2013年度、日本野鳥の会は明治野鳥保護区やサンクチュアリ給餌場において、タンチョウの繁殖期の調査と越冬期の給餌場での観察を行い、それによって個体識別標識をつけたT25家族の1年の暮らしを垣間見ることができました。彼らの行動を追ったレンジャーのレポートをご紹介します。

T25家族を追う!

 

「T25」の生息場所について

タンチョウは一年を通して北海道東部に暮らし、季節によって短い移動をします。夏は釧路から根室地方などの湿地で子育てをし、冬は鶴居村やその周辺に集まります。

繁殖地

明治野鳥保護区牧の内(北海道根室市)

2007年に日本野鳥の会と明治乳業株式会社(現 株式会社 明治)が協定を結び開設。面積は235.5ha。毎年2~3つがいのタンチョウが営巣や採餌に利用しています。

写真

越冬地

サンクチュアリ給餌場(北海道鶴居村)

1966年、伊藤良孝氏が給餌を開始。1996年からは日本野鳥の会が引き継ぎ、タンチョウの冬の餌不足から守っています。毎年ピーク時には300羽以上のタンチョウが集まります。

写真

12→

 

 

 

明治野鳥保護区における生物調査の報告(2013年度)

日本野鳥の会 松本潤慶

写真

公益財団法人日本野鳥の会
保全プロジェクト推進室
保護区グループチーフ

松本 潤慶

(株)明治と日本野鳥の会は、明治野鳥保護区牧の内(以下、牧の内)と明治野鳥保護区槍昔(以下、槍昔)において、動植物調査や環境管理、普及教育活動などを行っています。その中でも動植物調査は、主にタンチョウなど絶滅危惧種が生息する自然環境を保全する上で必要な基礎情報の収集を目的として実施しています。

 

2013年度は下記の生物調査を実施しました。

・タンチョウおよびオジロワシ繁殖状況調査(牧の内・槍昔)
・タンチョウ繁殖期行動圏調査(牧の内)
・鳥類ラインセンサス調査(牧の内)
・哺乳類相調査(牧の内)

 

 

タンチョウとオジロワシの繁殖状況

状況調査により、牧の内地区において野鳥保護区や周辺の湿原を2つがいのタンチョウが繁殖のために広範囲に利用していることを確認しました。また、湿原と森林の境界の樹上で繁殖するオジロワシについても、2つがいの繁殖を確認でき、これらの絶滅危惧種にとって野鳥保護区の自然環境は繁殖のために重要であることが再確認されました。

 

 

 

 

 

 

牧の内地区で28種の野鳥を確認

野鳥保護区の自然環境は、湿原や草原、森林など多様であり、それぞれの環境に多くの野鳥が生息しています。今年度の夏鳥のラインセンサス調査では、牧の内地区で28種の野鳥を確認しました。既に確認されている種に加え、今年度に調査以外で新たに確認した5種を含めると、これまでに66種の野鳥を野鳥保護区内で確認できたことになります。この確認種の多さからも野鳥保護区の自然環境が豊かであることがわかります。

哺乳類の生息状況を確認

また、今年度は哺乳類の生息状況についての調査を行いましたが、近年北海道で急増しているエゾシカは野鳥保護区内にも多数確認されました。森林環境や湿原環境への影響が懸念されることから、今後も引き続き観察を続ける必要があります。
このように生物調査を継続的に実施することで、自然環境の状態や変化を把握することができ、適正な自然環境の保全を進めることができます。引き続き、当会と株式会社明治は共同で野鳥保護区内の生物調査を実施して参ります。

 

 

オジロワシ行動圏調査を実施(2012年度)

写真

野鳥の行動圏調査

明治と日本野鳥の会は、これまで「野鳥保護区牧の内」において、タンチョウ行動圏調査、鳥類ラインセンサス調査、オジロワシ行動圏調査を行ってきました。2012年度は「野鳥保護区槍昔」で、オジロワシの行動圏調査と鳥類ラインセンサス調査を実施しました。これらの調査を継続的に進めていくことで、今後の保護活動に役立てていきます。

 

 

message

 

地域ぐるみの活動を応援したい

日本で観察される野鳥は約630種。その中で根室では約350種が記録されています。まさに野鳥の宝庫であり、日本にとって非常に大切な地域と言えます。その根室の自然が凝縮されているのが「明治野鳥保護区」。湖沼、湿原、草原、森林と多様な環境の中で、国の天然記念物であるタンチョウや絶滅危惧種のオジロワシなどが繁殖しています。この貴重なエリアを野鳥保護区に設定し、保全活動を続けている明治の取り組みはとても意義があります。
自然の保全活動は息の長い取り組みです。一企業、一団体の力では限りがあり、地域の理解と協力が欠かせません。それには親子自然観察会などを野鳥保護区で行い、市民のみなさんに自然との付き合い方を学んでいただく。それがやがては自然が保たれた町づくりへとつながるはずです。私たちも市、明治様と連携しながらそんな保全活動を応援していきたいと思います。

 

写真

松本 潤慶さん(写真右) 

公益財団法人日本野鳥の会
野鳥保護区事業所チーフレンジャー

 

手嶋 洋子さん(写真左)

公益財団法人日本野鳥の会
根室市春国岱原生野鳥公園担当チーフレンジャー