明治TOP > CSR活動 > 地球環境とともに > 環境に対する基本的な考え方

地球環境とともに

地球環境とともに

環境に対する基本的な考え方

環境方針推進体制

推進体制

環境保全についての基本的考え

明治は「自然の恵み」に支えられながら、心と身体の両面でお客さまの健康づくりに寄与する事業を展開してきました。自然の恵みを事業基盤とする企業として、自然を守り、環境との調和を図る活動の実践が何よりも大切であると認識しています。
こうした考えのもとに、明治グループでは2011年4月、環境保全活動や生物多様性をより強く意識した「明治グループ環境方針」を制定して、これまで以上に環境との調和や自然との共生を意識した企業活動を実践しています。

 

環境保全活動の推進体制

環境保全活動を具体的に確実に進めるためには、全社的な組織体制が必要不可欠です。明治では、本社の各部署から選任された委員で構成される「中央環境委員会」が中心となって環境活動に関する全社の方針や目標の立案、施策の審議・決定を行っています。グループ会社を含めた各事業所には「環境活動方針説明会」を通して、より実践的な環境活動を推進しています。

 

■環境マネジメントシステムに基づく環境活動

明治では国際規格ISO14001を、一部のグループ会社では環境省が策定したエコアクション21を、環境マネジメントを推進するための基本ツールとして導入し、環境活動の推進に努めてきました。今後もより一層の環境活動の管理向上を図るとともに、環境リスクの低減、環境に配慮した商品の開発、サービスの提供に努め、自然・社会・地域との共生をテーマに活動していきます。

 

(株)明治グループ 中央環境委員会 組織図

 

(株)明治グループ 環境マネジメントシステム組織図(全体)

 

環境認証取得事業所

(株)明治の事業所ならびにグループ会社は、それぞれの事情に応じた環境マネジメントを推進しております。その取り組みに対する第三者認証として、国際規格であるISO14001または環境省が策定したエコアクション21のどちらかの認証を取得しています。
ISO14001につきましては、(株)明治およびグループ会社で構成するマルチサイト認証となっています。2017年度からは、グループ会社が共通のマルチサイト認証への移行を検討しています。
現在43ケ所の事業所およびグループ会社を対象として、ISO14001のマルチサイト認証を取得しています。
またグループ会社9社が、エコアクション21認証を取得しています。