明治TOP > CSR活動 > こころとからだの健康に貢献 > 健康・栄養

健康・栄養

貢献するSDGs
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに

健康な食生活への貢献

健康志向商品の創出

お客さまの健康志向の高まりは治療から予防へ、などとどまることを知りません。これからも食と健康のニーズは尽きることはないと考えています。そのような中で、明治グループが貢献できるものとして、乳酸菌やカカオ等の素材があります。これまでにおいても、低糖質、低脂肪、低カロリー、などのコンセプトの商品群を世の中に提供してまいりました。今後も栄養・医薬分野の先進的知見を生かし、食品・薬品事業を有する明治グループならではの強みを最大限に発揮して、新たな健康価値を付加した商品を提案してまいります。

〈健康志向商品とは〉
主に乳酸菌やカカオ等素材の持つ健康機能を生かした商品、健康素材を添加することで機能強化を図った商品、お客様の低糖質、低脂肪、低カロリー等時代にあった健康ニーズに対応した商品等、からだの健康への貢献を目指した商品のこと。

主な健康志向商品

  • プロバイオティクス
  • ヨーグルト
  • 高カカオチョコレート

〈低糖質、低脂肪、低カロリー等商品〉

  • 明治プロビオヨーグルトLG21低脂肪
  • 明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ 低糖・低カロリー
  • 明治ブルガリアヨーグルトLB81 そのままおいしい脂肪0プレーン
  • 明治ヘルシーソフトオフスタイル脂肪分70%オフ
  • おいしいoff 砂糖ゼロ

明治グループの主な健康志向商品

付加価値型栄養商品の創出

お客さまのライフスタイルの変化は、食の多様化にもつながっています。
必要な栄養分の摂取、栄養バランスの改善等、食を通じた栄養改善が注目を浴びる中、明治グループでは、独自の栄養研究と栄養設計技術を生かし、お客さまが本当に必要とする栄養分をバランス良く摂取できる商品を提供しています。商品そのものの進化は当然のこと、容量、形状、パッケージなども含め、トータル的な商品開発に引き続き努めてまいります。

〈付加価値型栄養商品とは〉
乳幼児、スポーツ競技者・愛好家、高齢者等を栄養的側面からサポートする商品で、明治グループ独自の栄養研究と栄養設計技術を生かし、必要な栄養分をバランス良く摂取できる付加価値の高い商品

明治グループの主な付加価値型栄養商品

  • スポーツ栄養商品
  • 乳幼児栄養商品
  • メディカル栄養商品

付加価値型栄養商品の創出

食育活動

(株)明治では、2006年度からスタートした小中学生を対象の出前授業を中心とした一般食育セミナー(みるく教室、カカオ・チョコレート教室、運動と食事教室、うがい・手あらい教室など)と、2016年度からスタートしたオリンピック・パラリンピック教育プログラムなどコンテンツの展開を強化していきます。

カカオ教室
ミルク教室

工場見学

(株)明治の国内7カ所の工場見学施設「明治なるほどファクトリー」では、明治グループ理念に掲げる「おいしさ・楽しさ」「健康・安心」に関する「なぜ?」と不思議に感じる部分に触れてもらい、体験を通じてお客さまが「なるほど!」と学ぶことで、(株)明治をよりよく知っていただくことをコンセプトにしています。
海外では、明治シュエガオ(広州)有限公司、明治乳業(蘇州)有限公司、明治制果食品工業(上海)有限公司の3つの工場が、「科学技術普及基地」として、社会科校外学習に適した模範的な企業として認定されており、年間約1万人が来場されています。

工場見学
工場見学

スポーツを通した栄養サポート

(株)明治では、「スポーツをとおして、すこやかな成長と強いカラダ、強い気持ちをつくる」基盤を食事や栄養面からサポートしています。全国で行われる栄養講習会では、望ましい食事の理解や正しいサプリメントの活用方法などスポーツ栄養の情報発信を幅広く行っています。また協会・連盟と連携し、未来のトップアスリートの選手育成を栄養面からサポートしています。若い豊かな才能を伸ばし、多方面で活躍できる、可能性あふれる世代と、その指導者の方々を、今後も「スポーツ栄養」の分野から応援していきます。

スポーツ栄養セミナー

乳・乳酸菌、カカオに関する情報の発信・普及

(株)明治では、製品の主原料である乳・乳酸菌、カカオに関する情報について、各種学会、シンポジウムなどでその研究成果を適宜公表しています。また、「乳・乳酸菌、カカオ」のもつ健康へのよい影響について食育、工場見学などの機会を通じて分かりやすく解説しています。

MC栄養士による乳幼児栄養情報の普及活動

(株)明治の栄養士が、病院やベビー専門店などの店舗を訪問し、産前産後のお母さま方に、栄養士としての専門性を活かしながら、お子さまの離乳食や幼児食に関する栄養相談、お子さまに必要な栄養情報の提供などを行っております。また、マタニティやベビー、キッズのイベントなどでも、多くのご家族の皆さまのほほえみある毎日に貢献するための育児サポート活動を推進しております。

※MCとは、「Marketing Comunicater」 の略称で、「お客さまの情報収集、伝達者」を意味します。

MC栄養士による乳幼児栄養情報の普及活動
MC栄養士による乳幼児栄養情報の普及活動

MC栄養士による乳幼児栄養情報の普及活動

超高齢社会に貢献する商品の創出

健康な食生活や超高齢社会に貢献する商品の創出

栄養に関する独自の研究と設計技術をいかし、お客さまが必要な栄養分とエネルギーを効果的に摂取できる商品を提供することで超高齢社会の食生活に新しい価値を持った商品を開発していきます。高齢になると、ものをうまく食べられなくなったり、消化機能が落ちたりすることで、栄養や水分を十分に摂れなくなることがあるため、低栄養に注意が必要な場合があります。おいしさと使いやすさを兼ね備えた栄養食品・流動食・介護食の開発など、ライフスタイルの変化による飲食するシーンの多様化に対応し、容量、形状、パッケージなども含めた、トータル的な商品開発に引き続き努めてまいります。

健康な食生活や超高齢社会に貢献する商品

発展途上国における栄養改善

発展途上国における栄養改善に関する取り組み

発展途上国では貧困層を中心に低栄養の課題があります。食に携わる企業として、栄養改善に取り組む関連団体と協力し、栄養情報の発信・普及により食生活への意識向上を図るなど、課題解決につながる取り組みを行っています。
(株)明治では、「栄養改善事業推進プラットフォーム(Nutrition Japan Public Private Platform:NJPPP)」に参加しています。このNJPPPは、日本政府が2020 年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて世界的な栄養改善の取組みを強化することを表明した「新興国・途上国を含む各国の栄養改善のため、官民連携を通じた包括的ビジネスを含む事業の国際展開を進める」枠組みです。2015年に国際連合で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」にある健康・福祉の推進や飢餓の撲滅など複数の課題解決につながる取り組みを行っています。