企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 会社情報
    • 会社概要
    • 本社アクセスマップ
    • 役員一覧
    • 事業所紹介
    • グループ会社紹介
    • 沿革
    • 電子公告
  • 事業案内
  • 事業案内
    • 発酵デイリー
    • 加工食品
    • 菓子
    • 栄養
    • 海外

プレスリリース

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

子どもたちに一生に一度の体験を!
東京2020オリンピック・パラリンピック観戦付き
親子で参加する2泊3日の選べるツアー
「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」
募集を開始しました


2019/10/25

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、東京2020オリンピック・パラリンピックの観戦付きオリジナル2泊3日ツアープログラム「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」の募集を開始しました。

※一部、3泊4日のコースもあります。

■「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」発表会の様子

発表会は一般の親子約220名が集まったイベント会場で開催され、ステージにドリームキッズ応援隊のバイきんぐさんが親子姿に扮して登場。ランドセルを背負った子供役の西村さんに、小峠さんがツッコむという楽しいトークを展開しながら、本キャンペーンの発表とプログラム概要の紹介が行われました。

ステージにはゲストとして、村上茉愛選手(体操)、乙黒拓斗選手(レスリング)、井谷俊介選手(パラ陸上競技)も出演。アスリートとしての夢をかなえるために普段行っているトレーニングとして、村上選手は静止倒立を披露しました。その後司会者に促され、西村さんが倒立に挑戦。小峠さんに支えられながらなんとか成功したところ、背負っていたランドセルが開きステッカーが登場。「meiji ドリームキッズ!」「イエーイ」と会場を盛り上げました。次に、乙黒選手は「夢」をかなえるためのトレーニングとして「50kgのダミー人形を使った、打ち込みや担ぎの練習」を紹介。乙黒選手は楽々と50kgの人形を持ち上げ、トップアスリートの驚異的な筋力を目の前で見た子どもたちは大きな拍手を送っていました。次に小峠さんが挑戦すると、抱え上げるのがやっとで足元はフラフラ。アスリートのトレーニングを体感して、「ホントにスゴイ」と驚嘆していました。

■「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」について

「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」は、東京2020オリンピック・パラリンピックを通し、日本の未来を担う子どもたちに「夢を持つこと」「栄養を摂ること」の大切さを伝え、子どもたちの成長を応援することを目的に実施するキャンペーンです。

オリンピック・パラリンピックのスタジアムで世界のアスリートが集う競技やセレモニーの観戦と、子どもたちの生涯の思い出に残るオリジナルの体験プログラムをセットにした2泊3日のツアーをご提供します。ツアーは6コース(26種類)から選んで応募できます。募集人数はお子さまと保護者さまを1組にして270組540名様です。

※一部、3泊4日のコースもあります。

特設サイトURL:
meiji-dreamkids.jp

■キャンペーンの内容

内容の異なる6コースを用意しており、選択肢は26種類あります。A〜DコースとFコースはオリンピック、Eコースはパラリンピックのツアーになります。

A. 開会式で選手に「エール」を届けよう!日本代表選手団応援キッズコース(19組38名様)
B. 閉会式で選手に「おめでとう」を届けよう!日本代表選手団お祝いキッズコース(19組38名様)
C. オリンピック生観戦の感動を残そう!テレビ番組制作体験キッズコース(計50組100名様)
D. オリンピック生観戦の感動を残そう!新聞制作体験キッズコース(計56組112名様)
E. パラリンピック生観戦の感動を残そう!新聞制作体験キッズコース(計70組140名様)
F. ホストタウン自治体限定!ブルガリア・ブラジル 応援キッズコース(計56組112名様)

■応募概要

・応募期間:
<WEB応募>2019年10月20日(日)11:00〜2020年1月31日(金)17:00まで
<封書応募>2019年10月20日(日)〜2020年1月31日(金)必着
・募集人数:
270組(子どもと保護者の1組)計540名様
・応募資格:
応募時点で、小学校3〜5年生のお子さまと、その保護者さまのペア
※ホストタウン自治体限定!ブラジル・ブルガリア選手団応援キッズコースは、岡山県岡山市、山形県村山市、千葉県市川市、静岡県浜松市、東京都大田区在住の方の限定になります。
・応募方法:
<WEB応募>特設サイト(URL:meiji-dreamkids.jp)から「応募ボタン」のボタンを押し、応募者の情報と作文を入力して応募します。
<封書応募>特設サイト(URL:meiji-dreamkids.jp)から「応募用紙はこちら」のボタンを押し、応募用紙をダウンロード・印刷し、応募者の情報と作文を記入。市販の封筒に切手を貼付し必要事項を記入した応募用紙を封入の上、ご郵送ください。
・作文内容:
以下のテーマの作文をご提出いただきます(各200文字以内)。
<お子さま向け作文テーマ>
「あなたの夢」は何ですか?
(2020年にかなえたい身近な夢や、大人になってかなえたい夢など)
<保護者さま向け作文テーマ>
「あなたの子どもをオリンピック・パラリンピックへ連れていきたい理由」を教えてください。
・注意事項:
  • ・ご集合・解散場所からご自宅までの往復交通費は含まれておりません。各自でご負担ください。
  • ・ご宿泊は、ご応募いただいたお子さまと保護者さまのペア2名1室にてご利用いただきます。
  • ・1名1室利用、お部屋のタイプの指定、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどのご要望は承れません。予めご了承ください。
  • ・宿泊施設内における個人的費用(冷蔵庫、電話、クリーニング、追加飲食などに関わる費用)は含まれておりません。
  • ・ご参加中の途中離団などは原則行えません。
  • ・その他食事条件などは、当選後の発送書面にてご案内とさせていただきます。

■東京2020大会のゴールドパートナーとしてスポーツ振興に貢献

当社は、乳製品・菓子を通じて、日本代表選手団を応援し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に貢献していきます。

当社は、これまでも各種オリンピック競技の協会または日本代表チームを支援してまいりました。

1996年から公益財団法人日本レスリング協会(会長:福田 富昭)、2011年から公益財団法人日本バレーボール協会(会長:嶋岡 健治)のバレーボール日本代表、2016年から公益財団法人日本体操協会(会長:二木 英徳)の体操ニッポンのオフィシャルスポンサーとして、日本のレスリングとバレーボール、体操競技の強さを支えるお手伝いをしてまいりました。

また、バスケットボール男女日本代表のオフィシャルサプライヤーでもあり、ラグビー男女日本代表、野球日本代表「侍ジャパン」に対しては栄養管理の面でサポートを行っております。

パラリンピック競技に対しても、2016年から一般社団法人日本パラ陸上競技連盟(会長:増田 明美)のオフィシャルトップパートナーとして、2018年から一般社団法人日本ボッチャ協会(代表理事:奥田 邦晴)のゴールドパートナーとして、障がい者スポーツの振興に貢献してきました。

2012年からはJOCオフィシャルパートナーシップ契約を締結し、ロンドン2012オリンピック、ソチ2014冬季オリンピックの日本代表選手団を応援いたしました。また、2015年には東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナー契約を締結し、リオ2016オリンピック・パラリンピックにおいてはJOC・JPCゴールドパートナーとしてサポートいたしました。