明治乳業の培養技術から生まれた「冬蟲夏草顆粒」新発売のお知らせ

2008/12/03
(発行:2008/12/02)

 当社は、当社の培養技術から生まれた「冬蟲夏草顆粒」を新発売致します。当面は当社グループの株式会社ナイスデイ通信販売でのお取り扱いとなります。
 「冬虫夏草」とは、正式な学名を「コルディセプス・シネンシス」といい、高原地帯に生息するコウモリガという蛾の幼虫に寄生するキノコの一種です。高原地帯でしか採取することができず、さらに絶対量も少ないことから、非常に高価で、古来より中国では健康を願う、特に上流階級層を中心に珍重されてきました。  
 当社は、乳酸菌研究で培われた培養技術を応用し、天然の冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)から菌糸体細胞を培養する生産技術を確立しました。この生産技術の確立により、高品質なものを安定的に提供することが可能になりました。
 この度新発売する「冬蟲夏草顆粒」は、当社の菌糸体培養生産技術により得られた「冬蟲夏草菌糸体エキス」を2000mg配合した飲みやすい顆粒状の商品です。

新商品の特徴と概要は次の通りです。

「冬蟲夏草顆粒」

・冬蟲夏草菌糸体エキスが2000mg(1袋あたり固形分量として100mg)配合しています。
・1日1袋を目安にお飲みください。お客様の健康維持にお役立ていただけます。
・むせにくく飲みやすい顆粒状です。

商品名冬蟲夏草顆粒
品名冬虫夏草エキス末含有食品
発売地域全国
発売日2008年12月10日
内容量1.5g×45袋
メーカー希望小売価格19,000円(税別)
包装形態荷姿 紙箱(アルミピロー包装)
ケース入り数4箱
販売場所株式会社ナイスデイでの通信販売
「冬蟲夏草顆粒」