スズメバチ由来アミノ酸混合物の持久力向上効果について学会発表

2008/05/30
(発行:2008/05/29)

 当社は、スズメバチ由来のアミノ酸混合物を経口摂取すると持久力の向上に効果があること、さらにこのアミノ酸混合物とカルニチン及びコエンザイムQ10を同時に摂取すると持久力が一層向上することをマウスの遊泳実験により明らかにしました。東京海洋大学大学院矢澤一良教授らとの共同研究成果で、6月2日、東京で開催される「日本アミノ酸学会主催・第1回産学連携シンポジウム」で発表致します。
 体脂肪の代謝に関連することが示唆されている17種類のアミノ酸バランスを再現した「スズメバチアミノ酸混合物(Vespa Amino Acid Mixture:V.A.A.M.)」を体重1kg当り500mg、細胞内での脂肪の燃焼にあずかるミトコンドリアへ脂肪酸を運搬する「カルニチン」 34mg/1kgと、ミトコンドリアの中で脂肪酸をエネルギーに変換するときに必要な「コエンザイムQ10(CoQ10)」5mg/1kgを、おのおの単独または併用してマウスに連日経口投与しました。マウスに体重の5%の重りを負荷して遊泳持続時間の測定を行ったところ、V.A.A.M.単独投与群及び V.A.A.M.・カルニチン・CoQ10併用群で、対照群に比べて有意に遊泳時間の延長が認められました。さらに併用群ではV.A.A.M.単独投与群に比べても有意に遊泳時間の延長が認められました。以上の結果から、V.A.A.M.は単独摂取のみならず、V.A.A.M.・カルニチン・CoQ10を併用摂取することで、さらに持久力が向上することが動物実験で明らかになりました。
 当社はV.A.A.M.アミノ酸を含有する飲食物につき、特許出願中です。