TOPへ戻る

母乳とミルクの混合栄養にするときは?

混合栄養の方法

おっぱいを補う方法にはいくつかあります。ママに合ったやり方ですすめましょう。

① 最初におっぱい、あとミルク

まずはおっぱいを飲ませ、足りない分をミルクで補うようにします。初めのころは、おっぱいのあとミルクを欲しがるだけあげる方法でいいでしょう。

② おっぱいとミルクを交互に

たとえば、3時間おきに授乳させるとすると、朝6時におっぱい、9時にミルク、正午におっぱい、3時にミルクというように、交互に飲ませます。
授乳時間になったときのおっぱいのはり具合によって、毎回おっぱいか、交互にするかを決めるといいですね。

③ 夕方、ミルクをプラス

一般的に、おっぱいの出は夕方になると少なくなるので、午前中はおっぱいだけにし、午後はおっぱいとミルクを併用する方法です。

商品のお買い求めは お近くのドラッグストアまたは、ベビー専門店へ

商品情報はこちらパッケージにもこだわっています

\インターネットでの購入はこちら/

らくらくショッピング

ママと家族の育児応援サイト【ほほえみクラブ】 妊娠期から3歳まで。お子さまの成長にあった役立つ情報いっぱい!!

↑戻る