1歳(12ヵ月)頃のお子さまの発育と発達

1歳(12ヵ月)頃になると、徐々にひとり歩きができるようになってきます。言葉の発達も個人差があるので大人の言っている言葉を理解できていれば十分です。1歳になると、離乳完了時期を迎えます。おにぎりやサンドイッチなど手で持てるメニューにしてあげると良いでしょう。

体の発育

運動発達は個人差がありますが、ほとんどの子は1歳半くらいまでにひとり歩きができるようになります。
中にはおすわりの姿勢で移動し、それがずっと続いてある日いきなり歩くお子さまもいます。

言葉の発達

言葉の発達は、運動発達以上に個人差があります。1歳くらいの時期は「ちょうだい」など大人の言っていることの理解ができていれば十分。1歳半くらいになると、「マンマ」「ワンワン」など、意味のある単語も徐々に増えていくでしょう。中には2歳近くになってから、急にたくさん話し始める子もいます。
それまでは、たとえば子どもが犬を指差したときは「そうね、ワンワンいたね」などと語りかけてください。こうしたやりとりが、言葉を育んでいきます。 
いずれも、気になることがあるときは、1歳や1歳6ヵ月健診のとき、小児科医に相談しましょう。

離乳完了期

3回の離乳食で必要なエネルギーと栄養素がほぼ摂れるようになり、食品の幅も広がって離乳の完期了を迎えます。 
自分で食べたいという欲求も強くなるので、おにぎりや小さなサンドイッチなど手で持てるメニューもいいでしょう。
スプーンなどでこぼさず食べられるのは2歳くらいから。少しずつ、自分でやらせてあげます。「遊び食べ」「食欲のムラ」「偏食」もこの時期はあたりまえですので、見守っていきましょう。

牛乳とミルク

1歳過ぎたら牛乳またはミルクを1日400mlです。ただ、牛乳は幼児期の成長に大切な鉄分がほとんど含まれていません。
フォローアップミルクは、鉄やビタミン類を強化してあります。母乳のママも、母乳はそのまま与えながら、離乳食のあとやおやつの時間にプラスして与えてみてもいいでしょう。

卒乳

母乳をやめることを以前は「断乳」と言っていましたが、最近この言葉は使われなくなりました。断つのではなく、お子さまが自然に離れていくのを待ちましょうという意味で「卒乳」などと呼んでいます。

授乳・食事時間の目安

離乳食のあとの母乳やミルクはだんだん減らしていきましょう。
赤ちゃんの栄養補給(特に鉄分補給)として「明治ステップ らくらくキューブ」を1日400ml与えましょう。

赤ちゃんのお世話

1歳までの成長もすばらしいですが、1歳からの子どもの成長も、また目を見張るものがあります。自我も日々育ってきて、「ほしくない」「いや」などの意思表示も出てきます。かんしゃくを起こすこともあるでしょう。しかし「しつけをしなければ」と気負わないでください。まず危険なことだけ「ダメ!」と声と態度で教えましょう。たたく必要はありません。子どもは大人の声や表情、態度からいろいろなことを学んでいきます。

兄弟ゲンカ

上に兄弟がいるときは、下の子の自己主張がはっきりするにつれ、きょうだいゲンカも起きてきます。物の取りあいもよくあります。しかし、危険でない限りは静観してましょう。子どもはこうして人間関係を学ぶからです。もう少し大きくなれば、子ども同士で解決できることも増えてくるものです。

ママの体も大切に

もう一つ、大事にしたいのがママ自身の健康です。出産からちょうど1年ですから、この機会に婦人科や内科での健康チェックを受けておくのもいいことです。

ご指導いただいた先生

  • 東京女子医科大学 附属遺伝子医療センター教授(小児科教授兼任)
    齋藤加代子先生
らくらくショッピング