乳酸菌研究最前線

トップページ > 乳酸菌研究最前線 > 乳酸菌OLL2716株について > 乳酸菌OLL2716株試験結果(FD)
ピロリ菌ってなに? 乳酸菌OLL2716株の試験結果(ピロリ菌) 機能性ディスペプシア(FD)ってなに? 乳酸菌OLL2716株の試験結果(FD)

乳酸菌OLL2716株試験結果(FD)

乳酸菌OLL2716株のFD症状改善効果

①乳酸菌OLL2716株入りヨーグルト摂取群で「症状が良くなった」「非常に良くなった」と回答した人が多い

治療を受けていない20〜64歳のFD有症状者106人を無作為に2グループに分け、一方には乳酸菌OLL2716株(109個)入りヨーグルトを、もう一方には乳酸菌OLL2716株なし(プラセボ)のヨーグルトを1日1回(85g)、12週間食べてもらいました。12週後に胃の症状に対する全般的な効果の印象についてアンケート調査を行いました。

その結果、12週間乳酸菌OLL2716株入りのヨーグルトを食べたグループは、乳酸菌OLL2716株の入っていないヨーグルトを食べたグループに比べ、胃の症状が改善傾向を示し、全般的な胃の症状が「非常に良くなった」または「良くなった」人は、乳酸菌OLL2716株を含むヨーグルトを摂取したグループで約16ポイント高くなりました。

図 胃の症状改善に関する包括評価

図  胃の症状改善に関する包括評価
(出典:Digestion 2017;96:92-102)

[評価方法]
試験食品摂取12週後において、被験者に「摂取前に比較して、直近1週間のあなたの胃の症状はどうでしたか?」という内容の質問に回答して頂いた。
群間比較はWilcoxonの順位和検定により実施し、p<0.05を有意、p<0.10を統計的に傾向とした(† p<0.10 (両側))。

②12週後にはFDの4症状全てがなくなる率がプラセボヨーグルト摂取群の約2倍に

また、FDの4つの症状全てがなくなった人の割合(除去率)をヨーグルト摂取から4週間、8週間、12週間後に見たところ、摂取期間が長いほど除去率が高まり、12週後には乳酸菌OLL2716株入りヨーグルト群の除去率は35.2%と、プラセボ群17.3%の約2倍になりました。

図 FD主要4症状全ての除去率の経時変化

図  FD主要4症状全ての除去率の経時変化
(出典:Digestion 2017;96:92-102)

[評価方法]
摂取前ならびに試験食品摂取4週後、8週後および12週後において、FD主要4症状全ての消失を経験した被験者の割合を除去率とした。
群間比較はWilcoxonの順位和検定により実施し、p<0.05を有意とした(* p<0.05 (両側))。

③FDの中でも「食後愁訴症候群(PDS)」に対する効果が高い

FDの2つのタイプの「食後愁訴症候群(PDS)」と「心窩部痛症候群(EPS)」に分け、それぞれの症状がなくなった人の割合を、ヨーグルト摂取から12週間後に見たところ、乳酸菌OLL2716株入りヨーグルトを食べた群ではPDS症状の除去率が有意に高くなりました。

図 試験食品摂取12週後のPDSおよびEPS様の症状の除去率

図  試験食品摂取12週後のPDSおよびEPS様の症状の除去率
(出典:Digestion 2017;96:92-102)

[評価方法]
試験食品摂取開始前にPDSタイプであった人を対象にPDS症状の除去率を解析した。
試験食品摂取開始前にEPS様タイプであった人を対象に EPS様症状の除去率を解析した。
群間比較はFisherの正確確率検定により実施し、p<0.05を有意とした(* p<0.05 (両側)、N.S. 有意差なし)。

乳酸菌OLL2716株試験結果のまとめ
【乳酸菌OLL2716株入りヨーグルトのFD改善効果】
プラセボ群と比べ、乳酸菌OLL2716株入りヨーグルト摂取群の方が
●胃の症状に対する全般的効果の印象が全体的により良好に改善する傾向
●FDの主な4症状の除去率が有意に高い
●FDの2つタイプのうちPDS症状の除去率が有意に高い