乳酸菌研究最前線

免疫ってなに? 乳酸菌と免疫力の関係 NK細胞の働き 乳酸菌1073R-1株試験結果

NK細胞の働き

「乳酸菌1073R-1株」でNK活性増強、風邪罹患リスク低減。

免疫の中でも特に重要なNK細胞の働き

私たちの体の中で細菌やウイルスの侵入を阻み、見つけ次第攻撃して、体の健康を維持するために働くシステムとして「免疫」があります。この免疫システムの中でも最前線で戦うのが、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。NK細胞は他の免疫細胞よりも即戦力として働き、その上攻撃的で、ウイルスに感染した細胞など、異常のある細胞を攻撃して破壊するのが特徴です。

NK細胞は、皮膚や粘膜の防御に続く免疫システムである、「自然免疫」の部類に入ります。第一の防御網をくぐり抜けて、体の中へと侵入してきたウイルスに感染した細胞を見つけるやいなや、NK細胞が徹底的にそれを攻撃して破壊します。いわば、最前線の斬りこみ隊長。つまり、NK細胞の活性(NK活性)が高ければ、感染症などの疾病を未然に防ぐことができるようになるのです。NK細胞が特に免疫の中でも重要な働きをする、と言ってもよいのではないでしょうか。NK細胞は、まさに感染症などを防ぐ最前線の部隊。ここが防御の要なのです。

(動画)NK細胞が異常のある細胞を攻撃する様子

(動画)NK細胞が異常のある細胞を攻撃する様子