Loading...

もっと!チョコレート効果もっと!チョコレート効果

~知ってトクする、知識やヒミツあれこれ~

高カカオのチョコレートとして、カカオポリフェノールによる健康への貢献度を
皆さんとわかちあってきた「チョコレート効果」。
もっともっと、知っておきたいおトクな知識やヒミツあれこれをご紹介いたします。

もっと!その①

健康志向チョコレート市場が、5倍に拡大!

この3年で、健康志向チョコレート市場が5倍に拡大しています!

そして「チョコレート効果」は2014年7月~2017年6月の間に、高カカオチョコレート市場売上NO.1(※2)を達成しております!

※2 インテージSRI 高カカオチョコレート市場2014年7月~2017年6月累計 ブランド別販売金額

もっと!その②

高カカオチョコレートっていつ食べたらいいの?

複数の種類が認められる健康成分ポリフェノール、実は体内にとどめておくことはできません。カカオから抽出される「カカオポリフェノール」に含まれるエピカテキンも同様で、高カカオチョコレートを食べてから2時間後には血中濃度がピークに達するものの、徐々に体外へ排出され24時間後にはほとんどなくなります。高カカオチョコレート合計25g(エピカテキン含有量650mg)を1日数回にわけて、いかがでしょうか。

もっと!その③

今年で発売20年目、実はロングセラー商品です。

<健康とおいしさを考えた大人のチョコレート 健康成分「カカオポリフェノール」のちから>として1998年4月に発売を開始したチョコレート効果は、2017年に発売20年目を迎えました。

もっと!その④

同じカカオ分でもポリフェノール量が違う!?

高カカオチョコレートとは、カカオ分70%以上を含むチョコレートのこと。「では、どの商品もポリフェノールたっぷり?」と判断することはできません。なぜならカカオ分のうち、ポリフェノールが含まれているのはカカオマス、そしてココアパウダーのみ。ココアバター(乳脂肪)にはほとんど含まれていません。健康を考えて、ポリフェノール量が多いチョコレートを選びたいものです。

もっと!その⑤

知っていますか? ポリフェノール1日摂取量の目安

体内にとどめておけず、毎日適量の摂取を心がけたいポリフェノール。では、高カカオチョコレートであればどのくらい食べればよいのでしょう? おいしく健康に食べたい目安は1日3~5枚程度をおススメしています。はじめて食した際に苦味や濃さを感じる方は、まず2枚程度からスタートさせ少しずつ慣らしていくのがよいでしょう。

※過剰摂取は推奨しておりません

TOP

ページ上部へ