最新情報 VAAMについて 商品情報 知る・学ぶ 特集キャンペーン スペシャルサポーター
 
スポーツ栄養講座
バテない持久力を身につける エネルギー源はなにか知っていますか? エネルギー源は2種類! 正反対の性格を持っています。 糖質(グリコーゲン)貯蔵量約2,000kcal 1gあたりのエネルギー変換量4kcal 長所:エネルギーに変わりやすい(運動を始めてすぐに燃え始める)短所:貯蔵量が少ない 体脂肪 1gあたりのエネルギー変換量7kcal 長所:貯蔵量が多い 短所:エネルギーに変わりにくい(運動後20〜30分で積極的に燃え始める) ※体重60kg・体脂肪率15%で体脂肪がすべてエネルギーに変わった場合の数値。数値には個人差があります。 エネルギー戦略 Energy 動けるカラダになるためには「糖質(グリコーゲン)」を蓄え「体脂肪」を上手に使うこと。 糖質(グリコーゲン)を蓄えるには炭水化物(糖質)が多めの食事をとること。「栄養フルコース型」の食事でいうと、1.主食 と 4.果物 をしっかりとってカラダにエネルギーを蓄えましょう。集中して質の高い練習をするためには、練習前に補食としておにぎりやバナナなどを、試合に向けてエネルギーを満タンにしておくためには、例えばご飯に麺類を追加する、さらにはエネルギーゼリーを活用するなどがオススメです。おにぎり・力うどん・エネルギーゼリー・バナナ 体脂肪を上手に使うことでバテにくくなる。運動を始めて早い段階で体脂肪を効率的に燃やすことができてば、糖質の温存も期待でき、バランスのよいエネルギー活用が可能になります。アミノ酸の中には脂肪燃焼に働きかけるものがあるので、日頃の練習や試合のときに上手に活用しましょう。 POINT 普段の練習から試合まで、スポーツの前にはエネルギーの準備もしっかり整えよう!
TOPICS パフォーマンスを高める水分補給の秘訣を知っていますか? 運動中の水分補給の重要性とは...体温の上昇を抑える! 運動で上昇した体温は発汗によって熱を逃がすことでコントロールされています。とくに夏場は発汗量が多くなるため、水分補給を充分に行う必要があります。 汗で失うミネラルを補給する! 運動による大量の発汗で、ミネラルが失われます。ミネラル不足は筋肉トラブルの原因となり、足のつりなどを引き起こすこともあります。水分と一緒にミネラルを補給しましょう。 運動時の水分補給のポイント! 1.練習や試合の前から水分補給 30分〜1時間前に200〜500mlの水分補給が目安 2.のどが乾く前にこまめに飲む 15〜30分間隔で200〜250mlの水分補給が目安 3.運動中はミネラルを含むスポーツドリンクなどを 水分が早く吸収される糖濃度2.5%以下のハイポトニックタイプがオススメ 4.適度に冷やしておく 目安は冷蔵庫から出したときの温度(5〜15℃) 5.練習前後の体重測定で適正な水分量をチェック 練習後の体重減少は2%以内に!
運動時のエネルギー戦略にアミノ酸を活用しよう! ヴァームシリーズ 動き続けるカラダをサポート。エネルギー戦略 練習前・試合前に