主なカテゴリ

競技別 ザバス スポーツ栄養講座 ラグビー

栄養と運動を学ぶ

競技別 ザバス スポーツ栄養講座 ラグビー

レベルアップする為の食事法やサポートアスリートのインタビューなど、競技別にご紹介。学べる・使える・役立つ記事が満載です!

ターゲットは、世界 勝つためには、必要な準備がある。

ラグビー食事学でカラダづくりにトライ!

体を大きくしたい。もっとパワーやスピードを身につけたい。ラグビーをやっている人なら誰もがそんな思いを抱いているでしょう。その一方で、大きく強い体を作る上で栄養の摂り方がいかに重要な役割を担っているかは、あまり知られていません。たくさん食べたり、プロテインを飲んだりすればいいと思っている人、いませんか。でも大きく強い体を作るためには、バランスよく栄養を摂り、しっかり休養することが大切なのです。この連載では、ラグビー選手の体作りに合わせた栄養補給のノウハウを紹介していきます。

栄養はパフォーマンスの基礎。人間は食事を通じて栄養を補給し、寝ることで体が作られます。その毎日の食事と睡眠によって作られた体で、みなさんは毎日練習を行っているわけです。そして、毎日の積み重ねによって体力や技術が向上し…

ラグビー選手の食事の基本=「3食食べること」。ラグビー選手の食事の基本は、まず、朝・昼・晩の3食、「栄養フルコース型」の食事を食べること(※「栄養フルコース型」の食事は前号参照)。「当たり前じゃん!」と思う選手も多いでしょうが…

食事を変えるだけで今よりもスタミナアップ!いよいよシーズンに入ります。みなさんは、試合に向けて様々な準備をしているのではないでしょうか。スパイクを磨いたり、ストレッチを入念に行ったり…。そんなグラウンド上での準備と同様に、食事も…

ハーフタイムの栄養補給でラスト10分を走りきれ!前回に引き続き、試合についての栄養補給です。試合中は水分補給をこまめにしましょう。足のつりなどパフォーマンスの低下を防ぎます。トレーナーが水を持ってくるタイミングはもちろんですが…

食事量とたんぱく質を増やして体を大きくしよう!ラグビー選手であれば、誰もが「当たり負けしない、強く大きなカラダになりたい」という思いを持っているのではないでしょうか。カラダを大きくするためには、4つのポイントがあります…

野菜と果物で風邪予防!これからの時期は空気が乾燥して、風邪が流行りやすくなります。教室でもちらほら風邪をひいている人を見かけるのではないでしょうか。 この時期は、新チームになることで緊張感もある中でのトレーニング…

自炊はメリットがいっぱい。高校から大学に進学すると、自炊をするようになる人も多いでしょう。最初は、試行錯誤が必要ですが、自炊を習慣にしていくと、カラダづくり、コンディショニングにはもちろんのこと、経済面でも役立つようになります…

意識だけで大きく変わる!外食・コンビニ活用術。前回は自炊のメリットについてお話をしました。コツは覚えていますか?しかし、毎日の厳しいトレーニングで、「今日は疲れたから外食かコンビニで済ませたい…」という日もなきにしもあらず…

遠征先での食事の摂り方。春は新入生が入ってくる季節。春休みやゴールデンウィークには、合宿などで遠征を行うチームも多いのではないかと思います。合宿を迎えるにあたってどれくらい前から準備していくかについて、考えてみましょう…

食事の時間は楽しもう!増量などで、たくさん食べなくては…など、食事の時間が少し憂鬱になっている選手はいませんか?食事の時間は、グラウンド以外で仲間が集まってコミュニケーションをとれる貴重な場所です…

早く治すとともに、復帰後も考えた食事を。ラグビーをしていてケガをしてしまった時は、栄養素の中で増やすものと減らすものに気をつけるようにします。ひと口にケガといっても様々なものがありますが、筋肉系や関節系のケガの場合は、たんぱく質とビタミンCを強化するのが…

本格的な夏到来水分補給で熱中症予防を!運動中に水分が不足すると、汗をかけなくなるため熱がこもり、熱中症にかかりやすくなります。熱中症を防ぐために、今から水分補給のポイントをおさえておくようにしましょう。水分補給には、大きく分けて4つ…

○食事のポイントは「量」と「バランス」ラグビーは激しいコンタクトをともなうスポーツです。大きい相手をタックルで倒したり、ディフェンダーをはじき飛ばして前進したりする強さが求められます。カラダが大きいほうが有利なのは言うまでもありませんし…

○なぜ水分補給が大切?5月に入り気温が高くなる日が増えてきました。さらに暑さが厳しくなるこれからの季節に注意したいのが、水分補給。練習の効率やパフォーマンスを高める上でも、重要なポイントになります。運動をすると体温が上昇しますが…

ラグビー食事学でカラダづくりにトライ!Q&A編

ご好評をいただいている「ラグビー食事学」連載。今回はQ&A形式へとリニューアルし、管理栄養士の柴田麗先生がカラダづくりに関する様々な疑問にお答えします。体を大きくしたい。もっとパワーやスピードを身につけたい。多くのラグビープレーヤーがそう願う一方で、大きく強い体を作るために栄養の摂り方がどれほど重要であるかは、あまり認識されていません。この連載では、ラグビー選手のカラダづくりに合わせた栄養補給のノウハウを紹介していきます。先生のアドバイスを参考にして、大きく、強いカラダを手に入れよう!

まずは、食事の基礎を固める!そこからがカラダづくりのスタートです。カラダを大きくするために、「たくさん食べる!」。それは、もちろん必要です。たくさん食べられるということは、内臓も、強くたくましいということ。ラグビー選手にとっては欠かせません。一方で…

疲労回復には、いつ、どのくらい、どんな物を摂るのかが鍵!「疲労」という状態は、筋肉の中のエネルギーがなくなっている状態を指します。すなわち疲労回復は使ったエネルギーを筋肉に戻すことです。疲労回復を促すために、まず、補食を摂る習慣をつけましょう…

スポーツ店、ドラッグストアでは、『サプリメント』がところ狭しと並んでいます。いったい、サプリメントって何? ということから考えてみましょう。サプリメントとは英語の「supplement」が語源で、「追加」、「補足」などを意味する単語です。日本では「栄養補助食品」とも言われ…

小学生に中学生、とっても楽しみですね。食事は保護者ができる、力強いバックアップ。子供たちもココロ強いに違いありません。○カラダは小さくても、たくさんの栄養が必要小学生や中学生のカラダの大きさを見ると、大人の半分ほどの身長・体重の子供たちがいます…

ケガを最速で治すための食事ポイントは、次の2つ。・痛めた箇所を修復するために必要な栄養素を強化する。・ケガでいつもより動けないぶんのエネギーを減らす。○強化する栄養素 ケガによって組織が痛んだら、そその部分を修復するための栄養素が必要なります…

この質問内容をいただけるということは、練習後の栄養補給の重要性については、バッチリですね。トレーニング後、夕食までに時間が空く場合は、「補食」を取り入れることが疲労回復、カラダづくりのためのポイントです。○寄り道OKなら、コンビニのドアを開けよう練習後…

すでに風邪をひいてしまったのですね…。そんな時は無理をせず、まずは完治を目指しましょう。○ラグビー選手は風邪になる確率が高い 実は、ラグビー選手は風邪にかかりやすい状況にいることが多くあります。人間には、風邪の菌からカラダを守る力が備わっています…

ご質問にあるように、効果を実感しないと、プロテインを活用している意味があるのか、疑問を感じてやめてしまうこともありますね。○個人差が大きい プロテインを飲むとこのぐらいの期間で効果が出ます! と言い切ることは、残念ながらできません…

筋力アップと体脂肪減少はトレーニング内容が大きく影響します。この2つはトレーニング内容が異なるので、同時進行は困難です。たとえば筋力アップの際には十分なエネルギー量が必要になりますが、体脂肪減少のトレーニングである有酸素運動では…

カラダづくりインタビュー

サイズを活かしたライン参加、距離の出るタッチキックに正確なプレースキックで、日本代表、ヤマハ発動機ジュビロで欠かせぬ存在となっている五郎丸歩選手。トップリーグでも3季連続でベストフィフティーンにも選ばれている。その安定感あるプレーは、意識したカラダづくりによって支えられていた。

増量のための取り組み。4月から始まる新シーズンに向けて、カラダを大きくしたいと考えている選手は多いだろう。カラダを大きくするには食事が大切ということは分かっていても、何をどのように食べるかで大きく違ってくる…

ページトップへ戻る

関連情報

二宮清純のザバス取材記

最適なザバスを選ぶ

サポートアスリート