主なカテゴリ

サポートアスリート

二宮清純の「ザバス取材記」

柏レイソル育成・普及部
佐々木 直人
チームチーフ
近藤 正史
トレーナー
山嵜君 島川君 田山君
選手達
二宮 清純
柴田 麗
(ザバスラボ)

トップチームだけでなく、下の世代の育成についても一貫した理念のもとに指導を行っている柏レイソル。ジュニア・ジュニアユース・ユース選手の栄養指導、取り組みについて、ユースチーフの佐々木直人氏、近藤正史トレーナー、ザバスラボの柴田麗氏、そしてジュニアユース・ユースの選手たちに訊いた――。

#1 練習後、すぐに食事が摂れる環境

二宮今日は柏レイソルの育成年代の栄養サポートについてお伺いしたいと思います。栄養については、やはり育成世代のうちからしっかりと取り組んでいくことが必要だと?

佐々木そうです。我々としては、将来的にはトップチームで活躍するような選手、さらには日本を代表するようなサッカー選手を育成することを目指しています。ユースの年代にサッカーの技術や知識を覚えるのと同じように、食事に対する意識も植え付けることで、トップチームに上がった時、あるいは一人立ちした時に、自分でも良い選択ができるように、と考えています。

二宮ユースからジュニアまでの選手は何人くらいいるんですか?

佐々木合わせて170人ほどです。やはり厳しい世界ですから、その中でプロ選手になれるのは、ごく一握りなんですね。ただ、プロ選手以外の道に進むとしても、やはり食事は大事ですし、どの世界で活躍するとしても、今学んでいることが将来的に生かされるのではないかな、と思います。

二宮実際にどのような取り組みを?

佐々木練習後、クラブハウスに隣接したレストランで、ユース・ジュニアユースの選手たちも食事が摂れるようにしています。選手の中には練習後に1時間以上かけて自宅に帰る子も多いので、消耗した身体にすぐ栄養を補給する目的で始めました。また、トップの選手と同じ場所で食事を摂ることで、栄養面だけでなくメンタルにも良い影響があると考えています。ジュニアの選手は、家からお弁当を持ってきて、やはり練習後にすぐに食べられるようにしています。それも、始めからこのような恵まれた状況ではありませんでした。1本(250ml)の牛乳を練習後すぐに飲む。そこから始まりました。その後、お弁当屋さんの弁当を一緒に出したり、近隣の中華料理屋さんにお願いしたり、段階を経て5〜6年くらい前にこの体制になりました。今も牛乳はありますよ。そこから、今後は食事を提供するだけでなく、選手自身が自ら食事の自己管理ができるように選手や保護者の方も含め、ザバスの柴田さんから栄養サポートを受けています。

二宮確かに、特にこの年代は保護者の協力が不可欠でしょうね。

佐々木練習がある日はここで食事を摂ってもらうので栄養の管理ができますが、やはり家庭で食べることが多いわけですから、親御さんの協力と理解は必要ですね。

二宮保護者の方へはどのような指導を?

柴田柴田通常は、月に2回テーマを決めて、栄養の情報を記載した「情報レター」を配信しています。これは、選手がクラブで食事のことを学ぶ内容とリンクしていて、食事に対して選手と保護者の共通理解を持てるようにしています。そうすることで、ご家庭で食事をしている中で必然的に食事の会話も出てきたり、子供達からの出る食事の要望にも対応しやすいと思っています。また、保護者の方を対象とした栄養セミナーを年間に3回実施したり、アンケートを行って意見や質問、感想をいただき返答するという形をとっています。

#2 ジュニアユース世代は食事を大事に

二宮二宮この年代で栄養面で気をつけることは?

柴田量と栄養バランスをしっかりと考えながら食べることです。栄養バランスの基本は「栄養フルコース型」です。いろいろな食品と出会って、欲しいと思います。あとは、食事の量。この年代でしっかり食べられるようにしておかないと、せっかく大きくなる要素があっても、栄養素が不足してカラダづくりができないことも考えられます。カラダは小さいですが、大人と同じかもしくはそれ以上の栄養が必要となる年代です。コーチの方々からも、「食べられない選手は強くなれない」という話を聞きます。本当に基本的なことですが、とにかくこれをしっかりと身につけていって欲しいです。

二宮ユースとジュニアユースでは、気をつけることの違いは?

柴田基本的な部分では変わりません。ただ、個人差はありますが、ユースになると身長の伸びが止まってくる選手がでてくることも考え、より当たり負けしない身体をつくることで、ウェイトトレーニングなどを開始する選手がでてきます。効率を考えて、食事とプロテインを活用することがあります。その使い方などをしっかりと覚えてもらわなくてはいけないと思います。あとは、中には体脂肪がついてくる選手がでてくるのもユースの年代。選手たちの体重、体脂肪率をしっかりとチェックしていかなくてはけませんね。

二宮なるほど、体重が増えすぎたら動けないですもんね。

柴田自分の体重や体脂肪とコンディションの関係を理解して体験することが大事です。まだそういったことがピンとこない時期だとは思いますが、少しずつ自分たちでも意識するようになってほしいですね。

二宮この年代のサプリメントはどのようなものを?

柴田ジュニアユースは試合前のエネルギーゼリーを使用することが主です。クラブの方針として基本的にジュニアユースでは、食事を見直していくのみにしています。「どうしても摂りたいという」場合は選手とコーチと相談をして、サプリメントを摂る目的を明確にしてからにしています。ユースでは、試合前後のゼリーの他にウェイトトレーニングの後のプロテインなどを摂っています。ユースももちろん、食事がメインです。

二宮なるほど、チームとしても、身体をつくるためにはまずは食事が大事だというコンセプトなわけですね。

佐々木はい。スポーツ選手としてやっていくためには、サッカーのトレーニング、栄養、休息の3つのバランスが非常に大事になります。さらには、この3つの内容をより充実させていく必要がある。その年代に合ったトレーニング、栄養を与えていくことが、より素晴らしいサッカー選手を育成することにもつながっていくと思っています。やれることはやっていこうというのが、クラブのスタンスでもあります。

関連情報

ザバス栄養講座

最適なザバスを選ぶ

サポートアスリート