主なカテゴリ

サポートアスリート情報 侍ジャパン応援ページ 世界と戦う栄養学

サポートアスリート

世界と戦う侍ジャパンメンバーのスポーツ栄養学

  1. Episode 1 コンスタントに良い成績を残すために 内川 聖一 選手/ トップチーム(2009〜)

    「更なるパフォーマンスのために、今よりも少しカラダを絞る必要があると考えています。今より2kg絞ることができれば、足や腰にかかる負担が軽くなり、疲労も軽減される。その結果、毎日の試合をコンディション良く戦う事ができるようになり、コンスタントに良い成績を残すことが可能になると考えています。そのため、2017年は、1月の自主トレ開始から、担当栄養士と体重の軽減に取り組んでいきます。具体的には3日間の食事調査をおこない、食事の改善点を探し、継続できるように取り組んでいきます。サプリメントについては、ビタミン・ミネラルのサプリメントを「朝食」・「夕食」の後、これは長い間の習慣です。プロテイン(「ザバスホエイプロテインGP」)をウェイトトレーニング後にスプーン3杯摂取し、すばやいリカバリーとカラダづくりに役立てています。また就寝前には、「ザバスパワーアミノ2500」を1包摂取し、リカバリー強化を行っています。」

  2. Episode 2 長打率を上げるために 嶋 基宏 選手/ トップチーム(2013〜)

    今よりも長打率が上がるよう、筋肉量の増加に取り組んでいます。具体的には、体重で現在より2kg増加を目指していきます。そのために日々食事内容をチェックし、炭水化物(糖質)の不足に注意しながら、目標体重に近づけていきます。シーズン中はトレーニング後に必ず「ザバスアクアホエイプロテイン」を摂り、疲労が大きい時は、就寝前に「ザバスパワーアミノ2500」を摂るようにしています。」

侍ジャパン応援ページへ戻る

©2017 SAMURAI JAPAN

関連情報

最適なザバスを選ぶ

ザバスラインナップ

ザバス栄養講座