主なカテゴリ

持久力アップ 1 ザバス栄養講座

栄養と運動を学ぶ

ザバス栄養講座:持久力アップ

エネルギー源の補給

持久力アップのためのキーワードは“エネルギー”です。長時間の練習や試合を乗り切るためには、多くのエネルギーを必要とします。エネルギーが切れてくると、バテて動けなくなったり、集中力が低下したりと、自分の持てる力が発揮できません。ですので、エネルギー源をしっかり補給し、効率よくエネルギーをつくる必要があります。
 
カラダと脳のエネルギーになる栄養素は「炭水化物(糖質)」です。「栄養フルコース型」の食事でいえば、①主食と④果物になります。炭水化物(糖質)は、体内で主に「グリコーゲン」という形に作り変えられ、肝臓や筋肉中に貯蔵されます。ただし、その貯蔵量には限度があり、一度にたくさん摂りすぎても吸収しきれず、体脂肪という形で蓄えられてしまうことになります。炭水化物(糖質)は、朝食・昼食・夕食に間食も加えて、定期的に摂りましょう。
 
集中して質の高いトレーニングをするなら、練習前に炭水化物(糖質)を多く含むものを間食しておくことが大切になります。また、練習時間や試合時間が長い場合は、その途中でもエネルギー補給をしておくと、最後までスタミナが持ち、集中力がキープできます。この場合は、消化・吸収が速く、飲食しやすいサプリメントを有効活用しましょう。

エネルギー源の補給

次のページ(エネルギーを作る)へ

よくあるご質問
関連情報

その他

サポートアスリート

サポートアスリートトピックス