主なカテゴリ

ブランド・商品に関するご質問

よくあるご質問

ブランド・商品に関するご質問

ザバス全体について

プロテインについて

プロテイン以外の商品について

ザバス全体について

Q1.ザバス製品を使用してはドーピング検査で「陽性」になりませんか?

A1.

ザバス製品は全て(公財)日本アンチドーピング機構(JADA)の公式認定商品です。ザバス製品は、ドーピングコントロールで禁止薬物に指定されている物質は、一切含んでおりませんので、安心してお召し上がり下さい。

ページトップへ戻る

Q2.どのような選手がザバス製品を使っていますか?

A2.

多くの日本を代表するトップアスリートが使用しています。ジュニアからマスターズまで幅広い年齢層の選手が ザバス製品を使っています。ザバス スポーツ&ニュートリション・ラボのスタッフは、野球、サッカー、陸上競技、レスリング、バレーボール、アイスホッケーなど様々な競技団体、トップアスリートの栄養スタッフとして活動しています。詳しくは、ザバスサポートアスリート一覧をご覧ください。

ページトップへ戻る

Q3.ザバス製品は食事で足りない栄養を補うサプリメントであることはわかるのですが、自分に何がどれだけ足りないかがわかりません。どうしたら調べられますか?また、アスリートの基本的な食事とはどのようなものですか?

A3.

栄養摂取状況を知るには、ザバス食事調査を受けていただく方法があります。
(有料3,150円:お申込専用ダイヤル0120-215-214)
また、アスリートの食事の基本は、3食とも「栄養フルコース型」((1)主食、(2)おかず、(3)野菜、(4)果物、(5)乳製品がそろったメニュー)になっているか、ご自分の食事を確認し、たとえば、いつも乳製品が不足しているのであれば、乳製品に豊富なたんぱく質やカルシウムが不足する恐れがあるので、これらの栄養素を配合したサプリメントを摂取するというのも簡便な方法です。詳しくは、栄養情報をご覧ください。

ページトップへ戻る

プロテインについて

Q1.プロテイン製品はいつどれくらい飲めば良いのでしょうか?

A1.

食後や運動後に、付属のザバスプロテインスプーンすり切り2〜3杯(約14〜21g)を、牛乳や水などおよそ200ml〜300ml(アクアシリーズは、水300ml〜500ml程度でお好みに合わせて調整)に溶かして飲むのが基本です。(溶かす目安量は、製品によって違いますので、商品裏面をご確認ください。)運動後の摂取がおすすめな理由は、さらに理想的にカラダに吸収されるベストタイミングということが解っているからです。
飲む量は、アスリートの体格や運動量によって異なりますが、高校生以上でハードなトレーニングをしている方は、上記の量を1日に3回飲むと良いでしょう。アスリートは食事やサプリメントなどで、体重1kgにつきたんぱく質2g程度の量が毎日摂れていれば理想的といえます。

ページトップへ戻る

Q2.自分に合ったプロテイン製品の選び方を教えてください。

A2.

競技の種類、特にどのような選手になりたいかで異なります。最大負荷の運動で、とにかく筋肉を大きくしたい爆発・瞬発系トレーニングか、インターバルトレーニングのような激しい運動を何度も続けなければならないパワー持久系トレーニングか、またマラソンやトライアスロンに代表されるような持久系トレーニングか、どのトレーニングをスキルアップの手段とするかでプロテイン製品を選択します。
選択の方法は、爆発・瞬発系では牛乳を精製した動物性のプロテイン(アクアホエイ、タイプ1など)を持久系では大豆を原料にした植物性のプロテイン(タイプ3など)を、パワー持久系では、動物性と植物性をブレンドしたプロテイン(タイプ2など)をお勧めします。
プロテインは、アスリートによって好みが異なるので、数種類を試して自分にもっともフィットするタイプを選ぶこともポイントです。

ページトップへ戻る

Q3.プロテイン製品は運動前と後、どちらに飲むのが良いのでしょうか?

A3.

運動後速やかにお飲みください。Q1でお答えしたように、運動でダメージを受けたカラダは、リカバリーするための材料となる栄養素を欲しがっています。そして、運動直後はリカバリーのため特に糖質(エネルギー)の補給が重要となります。したがって、「エナジーメーカーゼリー」などを併用するもしくは、たんぱく質+糖質が配合された「リカバリーメーカーゼリー」を摂取することもおすすめします。

ページトップへ戻る

Q4.プロテイン製品は子供が飲んでも大丈夫ですか?

A4.

もちろん大丈夫です。むしろ、スポーツをする子供たちに積極的に利用していただくのが理想です。
部活動などで毎日運動しているジュニアアスリートは、リカバリーの材料となるための栄養素と成長するための栄養素が必要です。たんぱく質の不足はケガや病気にもつながることもありますので注意してあげてください。また多すぎても肥満の原因となり逆効果です(食事で摂れればプロテインで補うことは不要です)。

ページトップへ戻る

Q5.プロテイン製品を飲むと、筋肉がついて、身長が伸びなくなると聞きましたが本当でしょうか?

A5.

それは誤った情報です。プロテイン製品はたんぱく質を多く含む食品です。骨の形成にはカルシウムだけでなくたんぱく質が必要となるので、プロテインを摂取することにより、身長の伸びを助けることにもなるでしょう。

ページトップへ戻る

Q6.プロテインとアミノ酸は違うのでしょうか?

A6.

プロテインはたんぱく質のことです。プロテイン(たんぱく質)が消化されると約20種類のアミノ酸となり、様々な部位でバランスよく使用されることになります。
それに対し、アミノ酸単位を摂るということは、そのアミノ酸が持つ機能だけを期待するということなので、プロテインを摂ることとは意味が違います。
プロテインは、アスリートの基本となるカラダ全体をつくる材料となり、単位のアミノ酸は機能を補助することを目的としています。

ページトップへ戻る

Q7.ホエイプロテインとは何ですか?

A7.

乳清(にゅうせい)たんぱく質と呼ばれ、ヨーグルトの透明な上澄み液などに含まれるたんぱく質です。たんぱく質の中でも使用効率が高く、BCAA(分岐鎖アミノ酸:バリン、ロイシン、イソロイシン)を多く含み、速やかな吸収・取り込みが狙え、免疫機能を高めるなどの特長があります。これらの理由から近年、ホエイタンパクの人気が高まっています。

ページトップへ戻る

Q8.プロテイン製品は開封後どれくらいもちますか?

A8.

開封後は3ヶ月を目安に、できるだけお早めにお召し上がりください。保存方法は、直射日光の当たらない、涼しい、湿気の少ない場所に保管するようにしてください。

ページトップへ戻る

Q9.トレーニングや運動をしない日もプロテイン製品は飲む方が良いのでしょうか?

A9.

全く運動をしていない日々が長く続くような期間は別として、休息日であってもトレーニング期には充分な量のたんぱく質を摂取することをおすすめします。なぜなら、トレーニングしない日も、カラダは前日などのトレーニングからの継続状態にあるからです。食事やプロテインから摂るたんぱく質の量は、現役のアスリートならば1日に体重1kgあたり2gと考えてください。

ページトップへ戻る

Q10.プロテイン製品は牛乳や水以外で飲んでも良いですか?

A10.

牛乳では、それに含まれるたんぱく質だけではなく、カルシウムやマグネシウムなど、アスリートに必要なミネラル類も摂ることができます。また、無脂肪や低脂肪の牛乳を使えば、余分な脂質を避けることができます。
一方、水については手軽であること、必要以上な脂肪分を摂ってしまうのを防ぐことができるなどの理由からお勧めしています。糖質やビタミンCを同時に摂取したいという理由で、オレンジ100%ジュースに溶かす方もおすすめです。基本的に清涼飲料類であれば、プロテインを溶かしてお飲みいただくことはできますが、味がマッチするかなど、少しずつ試してお飲みいただくことをお勧めします。熱い飲み物で溶かすとふき出る場合や、溶けずにダマになる場合がありおすすめできません。

ページトップへ戻る

Q11.プロテイン製品を溶けやすくする方法はありますか?

A11.

まず、コップなどに先に飲み物を入れ、その上でプロテインを入れて混ぜてください。この順序が逆になると、溶けやすさが少し損なわれます。ザバス プロテインシェイカー(別売り)を用いる方法がもっとも手軽で溶けやすいです。溶かす飲み物は冷たい方がよく溶けます。
その他に、バナナジュースなどをつくる要領でジューサーを使用する方法もあります。

ページトップへ戻る

Q12.プロテイン製品を牛乳に混ぜて作りおきしてもよいですか?運動後に飲むために、持ち歩いてもよいですか?

A12.

作り置きはしないでください。変質したり栄養価が低下したりしますので飲む直前に作ってください。

ページトップへ戻る

Q13.子供が「ジュニアプロテイン」以外のプロテイン製品を使用しても良いですか?

A13.

もちろん構いません。ただし、「ジュニアプロテイン」は10〜15歳のスポーツジュニアの食事調査結果をもとに栄養素を配合していますので、その年代に不足しがちな栄養素をバランスよく摂取することができます。

ページトップへ戻る

Q14.無駄な脂肪を落としたいと考えています。「ウェイトダウン」の最も良い使い方を教えて下さい。

A14.

「ウェイトダウン」は単純に痩せるためではなく、運動をしながらカラダづくりを行って余分な脂肪を落とす目的で設計しています。含まれるたんぱく質が植物性です。おすすめの摂り方として、食事の30分ほど前をお勧めします。これにより満腹感が得られ、無理なく食事を減らすことに役立ちます。

ページトップへ戻る

Q15.「ウェイトアップ」はどのようなタイミングで摂れば良いですか?

A15.

糖質を多く含むタイプのプロテインです。リカバリーメーカーゼリーのように練習や試合の後、リカバリーのためにお使いください。

ページトップへ戻る

プロテイン以外の商品について

Q1.「パワーアミノ2500」で減量することは可能でしょうか?

A1.

「パワーアミノ2500」は減量目的のアミノ酸製品ではなく、運動後のリカバリー目的の製品として活用できます。

ページトップへ戻る

Q2.「パワーアミノ2500」(タブレット)は噛んで飲まなければ効果がないのでしょうか?

A2.

タブレットの形状がやや大きめなので、喉につまらせてしまう危険を避けるため、噛んでの摂取をおすすめしています。噛んでも、そのまま水などを飲んでも変わりありません。ご自分にあった飲みやすい方法でお摂りください。

ページトップへ戻る

Q3.プロテイン製品と「パワーアミノ2500」の併用は良いのでしょうか?また併用する場合どのような摂り方が良いでしょうか?

A3.

併用して構いません。プロテインとアミノ酸摂取の目的は異なりますので、ボディーメイクのQ6のように目的を持った上で併用します。併用の方法としては通常と変わりません。「パワーアミノ2500」は、多くのアミノ酸を含みプロテインより素早く吸収することができるので、運動直後に飲む、あるいは就寝前に飲むことで、成長ホルモンの分泌を助け、リカバリーに効果を発揮します。

ページトップへ戻る

関連情報

サポートアスリート

ザバス栄養講座

おすすめ商品情報