食を知る

知っ得!品質マメ知識 牛乳編

生乳(せいにゅう)と牛乳

しぼったままの牛のお乳が生乳せいにゅう

牛からしぼった「生乳」は、空気に触れることなく殺菌処理したパイプを通って、冷却タンクへ。
そこで冷やされた生乳は、保冷タンクローリーで工場へと運ばれます。

牛乳は生乳を加熱殺菌したもの

工場に到着した「生乳」の風味や成分などの検査をおこない、小さなゴミや異物を分離・除去し、“ホモゲナイザー“という機械で脂肪球を小さくした後、加熱殺菌処理をします。この工程をへて、はじめて「牛乳」となります。

ワンポイント

牛乳の定義って?

生乳を加熱殺菌したものが「牛乳」です。水や添加物を混ぜたり、成分を除去することは一切禁じられていて、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0 %以上と決められています。

↑ページTOPヘ