食を知る

知っ得!品質マメ知識 チーズ編

チーズの歴史

チーズは偶然の産物?

昔々、アラビアの商人たちは羊の胃袋で作った水筒に乳を入れ、ラクダにくくりつけて砂漠を旅していました。ある時、のどが乾いて乳を飲もうと水筒を傾けたところ、出てきたのは乳ではなく白っぽい液体と固まり。試しにその白い固まりを食べたところ、なんともいえないおいしさでした・・・。
これは、紀元前2000年頃のアラビアの民話に残されている「チーズ誕生」にまつわる話です。羊の胃袋にある酵素が作用し、暑い砂漠で揺り動かされるうちに乳が固められチーズになったと考えられます。この原理は実際に何千年経った今もチーズ製造に採用されています。
また、チーズの誕生は、紀元前4000年頃といわれています。古代メソポタミアの壁画にもチーズなどの製造法が描かれています。チーズの正確な起源は定かではありませんが、実に古い時代から人間の食生活を支えてきたことは間違いないでしょう。
このようにアジア周辺の地域で誕生したチーズはヨーロッパ各地に伝えられ、ローマ帝国全盛期には大切な産業となりました。

日本人とチーズとの出会い!?

日本でチーズが食されたのは、今から約1400年前の飛鳥時代。仏教伝来とともに「酥(そ)」という乳製品が伝えられました。この「酥」は今の製法とは違って牛乳を煮詰めて固めたものだったようです。仏教の経典「涅槃経」には「乳は酪となり、酪(らく)は生酥(せいそ)となり、生酥は熟酥(じゅくそ)となり、熟酥は醍醐(だいご)となる。醍醐最上なり。」という記述があり、醍醐味とは、これ以上のおいしさは無いという意味になりました。
また、日本での本格的なチーズの製造は、大正時代になってからです。

↑ページTOPヘ