あなたにとっての適量を調べてみよう!

健康のための理想的な食事量は、年齢・性別などによって人それぞれ。食事ごとに主食・主菜・副菜といった料理区分ごとのバランスも考える必要があります。自分にとっての適量のめやすを手軽に知るために「食事バランスガイド」を活用してみましょう。

【お願い】「食事バランスガイド」は、健康な方々の健康づくりを目的に作られたものです。
糖尿病、高血圧など病院で医師又は管理栄養士から食事指導を受けている方は、その指導に従ってください。

1.1日に必要なエネルギー量を見てみよう

年齢、性別、身体活動レベルから必要なエネルギー量のめやすを確かめてみましょう。

表1

【矢印の見方】

矢印1 身体活動レベルが
ふつう以上
座り仕事が中心だが、歩行・軽いスポーツ等を5時間程度は行なう方。
(さらに強い運動や労働を行っている人は、適宜調整が必要です)
矢印2 身体活動レベルが
低い
1日中ほとんど座っている方

2.料理カテゴリごとの摂取量のめやすを確認しよう!

必要なエネルギー量に応じて、各料理カテゴリのめやすとなる摂取量(SV)を確かめましょう。
※SVとはサービング(食事の提供量)の略

表2

食べ方のめやすがわかる!「食事バランスガイド」

農林水産省と厚生労働省の共同で平成17年に策定された「食事バランスガイド」は、生活者が自分の食生活を見直すために1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかをコマのイラストで示しています。食事量を食品単品ではなく、ごはんお茶碗一杯、パン一枚など料理ごとに独自の単位(SV:サービング)に換算することで、日常的にわかりやすいよう工夫されています。

食事バランスガイド イラスト

あなたの1日の食事をチェックしてみよう!

食の栄養バランスチェック 診断ページへ

↑ページTOPヘ