バランスのよい食事ってなんだろう?

正解はひとつじゃない!理想的な食べ方は年齢や生活スタイルで決まります。

「健康な生活は健全な食生活から」。頭では解っていることですが、忙しい毎日の生活の中で、普段の食事選びはいつも同じようなものや好きなものを摂りがち。体に良い食生活を送りたいと思っていても、栄養の計算はなんだか複雑でよくわからないし、栄養の偏りを心配するあまり、食べることがストレスになってしまうことは避けたいですね。
一概に「バランスのよい食事」といっても、年齢やそれぞれの生活スタルによって理想的な摂取量は変化していくものです。さらに栄養素には、塩分や脂質といった通常の食生活で摂りすぎてしまいがちなものと、カルシウムや鉄といった普段不足しがちなものもあります。模範的な例はあっても、正解はひとつではありません。

いろいろまんべんなく食べること。そのためにも日々の食事の傾向をつかみましょう。

「食の栄養バランスチェック」は、料理区分によるバランスと栄養素の過不足を、ひと目で確認することができるようになっています。毎日の食事を振り返る習慣をつけることで、例えばお昼は麺類が多い、普段肉はよく食べるけれど、野菜や乳製品を摂ることは少ないなど、自分の食事パターンがわかってきます。このパターンを踏まえて、摂りすぎのものは控え、足りないものは意識して摂るようにすれば、自ずと食事バランスは整ってくるはずです。
毎食の食事バランスに気をつけるようになってきたら、一日での食事バランスも考えていくとよいですね。そして、毎日の食事が夕食などの一回の食事に偏らずに3回毎に配分ができれば、生活のリズムも整い、気持ちのよい毎日を過ごせるようになるでしょう。

あなたの1日の食事をチェックしてみよう!

食の栄養バランスチェック 診断ページへ

↑ページTOPヘ