チョコレートQ&A

チョコレートにまつわるウワサ。ただしく知って、ただしく食べよう!

チョコレートを食べると、ニキビができる?

ニキビは皮脂線ひしせんから出たアブラが毛穴けあなにつまってしまい、そこに細菌さいきん繁殖はんしょくするためにできるもので、ホルモンのバランスがくずれやすい思春期ししゅんきに多くみられます。また体調の悪いときや皮膚ひふ清潔せいけつに保っていないときなどにもみられ、チョコレートを食べることとは関係ありません。

チョコレートの表面(ひょうめん)が白くなった。食べてもダイジョウブ?

チョコレートは高温におかれるとココアバターがけて、その後冷えて固まるとき白く粉をふいたような状態(ブルーミング)になります。
こうなると見かけは悪く、チョコレート本来の味もそこなわれてしまいますが、食べてもがいはありません。そうならないために直射日光ちょくしゃにっこうけ、すずしい乾燥かんそうしたところに保存ほぞんしましょう。

チョコレートを食べると、太る?

チョコレートは太ると思っている人が多いですが、それはまちがいです。
肥満ひまんとは、食べすぎにより、食べて体に入ったエネルギーよりも使ったエネルギーが少ないために、よぶんな脂肪しぼうなどが体にたまっていくことです。
よって、チョコレート=肥満ひまんと気にするよりも、食べすぎ、運動不足うんどうぶそくに気をつけましょう。

ホワイトチョコレートはチョコレート?

チョコレートは通常つうじょう、カカオマス、ココアバター、砂糖さとう、ミルクの4つのおも原料げんりょうからできていますが、ホワイトチョコレートは、チョコレート色をしたカカオマスをまったく使わないために白くなるのです。
カカオマスが入っていないので苦味にがみがなく、ミルクの味と色の白さが生かされているのがこのチョコレートの特徴とくちょうです。

チョコレートを食べると、鼻血(はなぢ)が出る?

医学的にもチョコレートと鼻血はなぢとはまったく関係ありません。チョコレートのような栄養価えいようかが高い食品は、食べすぎると体の中にエネルギーがたまり、はけ口がなくなって鼻血はなぢになるのではないかと、間違って思われたからかもしれません。また昔はチョコレートが高価だったので、子どもの食べすぎを警戒けいかいしてそのようにいわれたというせつもあります。

チョコレートはどのように保存(ほぞん)すればよい?

28℃以下いかすずしい場所ばしょ保存ほぞんしてください。
チョコレートのかおりにひかれて虫がってくることがあるので、密閉性みっぺいせいの良い容器ようき保管ほかんしましょう。

  • チョコレートのひみつ
  • 歴史タイムトラベル
  • 希望のチョコレート
  • チョコレートQ&A
  • カカオ・チョコレート教室 トップにもどる

↑ページTOPヘ