うがい・手洗いのススメ

うがい・手洗いはウイルスや細菌からみんなのカラダを守ってくれるよ!風邪やインフルエンザの対策として、うがいと手洗いをこまめにする習慣を心がけましょう。

  • 正しいうがい・手洗い
  • うがい・手洗いムービー
  • 口臭なんでもQ&A
  • 生活習慣を整えましょう
  • ポビドンヨードってなに?
  • うがい・手洗い教室

▼「うがい」について

<こんなときにうがいをしよう>
「うがいをするのに水でよいときは、家に帰ったとき、外で遊んだあと、そうじのあとなど。風邪が流行っているとき、喉が痛いとき、体が弱っているとき、風邪をひいたときは、うがい薬でうがいをしよう。うがい薬でうがいをして風邪対策。

<うがいのススメ>
くしゃみやせきなどで飛び散ったウイルスを吸い込んでしまう。これが飛沫感染です。しかし、ウイルスを吸い込んですぐに症状が出るわけではないので、ウイルスが細胞内に入り込む前にうがいをして洗いながしてしまうことが重要です。感染を防ぐには、外出先から帰ったときに、まず、うがい。毎日の習慣として、うがいをしましょう。のどの粘膜についたウイルスをうがいで洗いながしましょう。