明治TOP > CSR活動 > 人材

人材

人材

明治グループは、従業員の多様性や人格・個性を尊重するとともに、安全で働きやすい職場を確保し、創造的で活力ある組織をめざします。

 

 

人材育成

人事制度

明治グループでは、グループ行動指針である「meiji way」をもとに、求める人材像を「卓越した専門性と組織力を活かすことで、創造・革新的な課題を自ら設定し、やりぬく人材」と定めました。そして、この 求める人材を育成・処遇していく仕組みとして、‘職能(=能力)’と‘職務(=仕事)’を制度の中心に据え、高い職務への挑戦、その挑戦を通じた能力の向 上(=成長)を実現することをグループ人事制度の基本コンセプトとしています。グループ人事制度を通じた従業員一人一人の成長が、一歩先を行く価値創出、 お客さまへの価値提供、組織力の底上げ、グループの持続的発展につながります。

能力開発

明治グループでは、
・創造性・専門性を発揮し、世界のトップ企業に勝てる、チャレンジ精神あふれる人材を育成する。
・個人の成長を会社の発展につなげ、組織力の底上げに貢献できる自立型人材を育成する。
・グループ理念を深く浸透・定着させ、新しい企業文化を醸成していく人材を育成する。
を「能力開発基本方針」として掲げ、グループ理念の浸透を図るとともに、次世代リーダーの養成に向けた各種研修プログラムを実施しています。

 

 

働きやすさ・健康

次世代育成支援

赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる世代のお客さまの気持ちに寄り添い、日々の生活充実に貢献することをグルー プ理念として掲げている明治グループでは、次の世代を担う子どもたちが生まれ育つ環境をつくり、仕事と家庭の両立に向け支援することが、企業グループとし ての責務であると考えています。「育児と仕事を両立することができる」「子どもを育てやすい環境づくり」に重点を置いて、従業員の多様化するワークスタイ ルに対応する支援をしています。
例えば、「育児休業」は産前から子どもが2歳になるまで、「育児に伴う勤務時間の短縮措置」は子どもが小学校3年生になるまでなど、法を上回る充実した仕組みとしています。

労働安全衛生

明治グループの安全衛生管理は、人間尊重の基盤に立って従業員の安全・衛生を最優先とし、安全衛生関連の法令遵 守を徹底するとともに、さらに創意工夫を加え、オフィス・製造現場・営業現場におけるそれぞれの安全衛生を追求して、安全で働きやすい職場環境の整備に努 めています。

従業員の健康増進

食と健康に携わる明治グループでは、そこで働く従業員の健康増進は企業の責務ととらえています。
そこで、健康保険組合と協力し、健康診断受診率のアップや診断後の保健指導により生活習慣病への取り組みを強化しています。
また、病気の悩みやメンタルヘルスへの取り組みなど、産業医や経験豊かな専門スタッフが従業員をサポートし、必要に応じて提携機関でのカウンセリングも受けられます。
労働環境の整備による従業員の健康保持や仕事と生活の調和、労務管理の推進による長時間労働是正の取り組みも行われ、健康管理を多方面からサポートして活力ある職場を目指しています。