明治TOP > CSR活動 > 環境 > 環境に対する基本的な考え方

人材

環境

環境に対する基本的な考え方

環境方針推進体制

環境方針

自然の恵みの上に成り立っている企業として

当社は、自然の恵みの上に成り立っている企業であり、自然を守り、環境との調和を図る環境保全は重要な経営課題の一つと捉えています。そのため、グループ全体として、以下に示す「環境理念」「環境方針」を定め、温暖化防止や省資源を中心に環境活動に継続的に取り組んでいます。

明治グループ環境理念

私たち明治グループは、自らの事業が豊かな自然の恵みの上に成り立っていることを認識し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。そのために、地球環境と事業活動との調和を図り、環境に配慮した企業経営を推進していきます。

明治グループ環境方針

明治グループは、明治グループ理念および明治グループ環境理念を実現するために、以下の環境方針に従って事業活動を展開します。

法令遵守

1.国内外の環境にかかわる法令、条例、ステークホルダーとの協定、業界規範、自主基準を遵守します。

環境保全活動のスパイラルアップ

2.環境マネジメントシステムを効果的に運用し、継続的な改善を図ります。

環境負荷低減

3.商品の設計から廃棄に至るライフサイクル全般及びあらゆる事業活動において、生産性の向上、省資源、省エネルギーを推進し、環境負荷低減を図ります。

生物多様性の保全

4.あらゆる事業活動において、グローバルな視野を持って生態系に配慮し、生物多様性の保全に努めます。

環境マインドの醸成

5.自然を敬い、自ら進んで環境を考え行動する従業員を育成し、環境理念の実現を図ります。

社会との共生及びコミュニケーション

6.社会との対話や、環境活動への参画により、社会との共生を図ります。また、環境情報を適切に開示し、社会とのコミュニケーションを図ります。