明治TOP > CSR活動 > 環境 > 環境コミュニケーション

人材

環境

環境コミュニケーション

環境を通じた社会貢献活動

環境を通じた社会貢献活動

地域との共生への取り組み

(株)明治 九州工場

九州工場(福岡県八女市)の西10kmに、福岡県三潴(ミズマ)郡大木町があります。大木町は「もったいない宣言」を掲げ、町ぐるみで廃棄物削減に取り組んでおり、中でもバイオマスプラントを利用した発電システムが成果をあげています。同システムは、家庭から出る生ゴミなどをバイオマスプラントで発酵させ、そのガスで発電するもので、隣接する道の駅などの電力の一部をまかなっています。また、発酵カスは肥料として活用するなど、理想的な循環型社会を実現しています。

九州工場では、2013年から大木町と委託処理契約を結び、町外ながら九州工場から出る廃棄乳を町のバイオマスプラントで処理していただいています。これにより、輸送距離の低減による使用エネルギーと処理コストの削減につながりました。九州工場では、低減されたコストの一部を大木町に還元するために、町が運営する農業塾に協賛し、新規就農者や新しい技術・農作物の栽培などを支援しています。また、農場で収穫された野菜はすべて、九州工場の従業員に無料で配布しています。

図

 

 

 

環境ボランティア「甲斐田川清掃・草刈り」を行いました

明治油脂(株)

2013年7月6日、明治油脂では社屋の横を流れる甲斐田川の清掃・草刈りを実施しました。甲斐田川は当社の工場で発生する排水の放流先であり、旧大阪保証牛乳時代より毎年河川清掃を続けており、今年は15名の社員が参加しました。

甲斐田川の雑草を草刈り機で刈り取る、刈った草やゴミを拾う、集めた草やゴミを運搬するなど、それぞれが分担して作業。当日は非常に蒸し暑く、全員が汗だくで雑草、ゴミと悪戦苦闘しましたが、無事終了することができました。明治油脂ではこれからも地域清掃等の環境活動に積極的に取り組んで行きます。

写真

雑草が生い茂る甲斐田川

写真

草刈り機2台を使って作業開始

写真

周辺のゴミも収集

写真

参加した社員