企業情報 > 研究開発 > 研究開発トピックス

研究開発トピックス

明治乳業「乳の価値創造研究」寄附研究部門開設のお知らせ

2006/06/14

北海道大学
明治乳業株式会社

北海道大学では、平成18年7月1日より創成科学共同研究機構に明治乳業「乳の価値創造研究」寄附研究部門を開設することとなりました。

日本の重要な食糧基地である北海道は,「食の安全・安心」をはかりつつ持続的な循環型の農畜産の体系化を強く求められています。 そこで本学では,酪農を中心とした「食」について,生産,加工・流通,機能性,健康・医療の面から,体系的・創造的研究を進め 21世紀型の農畜産モデルを北海道に確立することを目的に, 明治乳業(株)の協力により明治乳業「乳の価値創造研究」寄附研究部門(寄附講座と同意)を開設することとなりました。
本研究部門は年間1億円の規模で5年間継続されます。この間に本学はもとより, 北海道の関連大学や行政とも連携し農畜産モデル形成の拠点として機能する組織づくりを目指します。

寄附研究部門の概要は下記の通りです。

1.名称

明治乳業「乳の価値創造研究」寄附研究部門

2.設置場所

北海道大学創成科学共同研究機構

3.開設時期

平成18年7月1日〜5年間

4.寄附金額

総額5億円(年間1億円×5年間)

5.研究内容

健康を支える乳の新たな価値の創造
・次世代型乳牛飼養の技術開発と革新的な乳製品製造研究
(循環型生産体系の確立)
・食の安全・安心を基盤とした、乳の安全な生産と製品製造の技術革新牛乳、ホエイの新たな価値の創造
(生活習慣病予防、感染症予防,飼料化など)
・微生物・酵素変換(プレバイオティクス)による新たな価値の創造
(機能性ペプチド、ビフィズス菌増殖因子など)
プロバイオティクスによる新たな価値の創造
(腸内環境や宿主機能の改善、乳製品や食肉製品の保存性の改善など)

6.研究陣容(開設時)

特任教授:矢島 高二
特任助手:井上 亮
博士研究員:1〜2名 他