企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 2020ビジョン
  • STEP UP 17
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

トランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂不使用へ
家庭用マーガリン類
2018年3月1日 リニューアル発売


2018/02/08

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、家庭用マーガリン類において、トランス脂肪酸の低減に継続的に取り組んでいます。今般、トランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」が、全ての家庭用マーガリン類において不使用になることから、「部分水素添加油脂の不使用」・「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴをパッケージに付与し、2018年3月1日から全国でリニューアル発売します。

日本におけるトランス脂肪酸摂取量は、欧米と比較して極めて低くなっておりますが、日本国内におけるトランス脂肪酸の認知率は80%以上と高く、消費者の関心も高いものとなっております(図1参照)。

トランス脂肪酸を過剰に摂取した場合、悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少により、心臓病のリスクを高める可能性が指摘されています。トランス脂肪酸には2つの由来があり、油脂の加工の過程で生じるものと天然に生じるものがあります。

当社は、家庭用マーガリン類において、トランス脂肪酸の低減に継続的に取り組んできましたが(図2参照)、今般、油脂の加工の過程で生じるトランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」を不使用の配合にします。これは、アメリカ食品医薬品局(FDA)が2018年6月から開始する「部分水素添加油脂」の食品への使用規制に対応するもので、次の家庭用マーガリン類10商品のパッケージに「部分水素添加油脂の不使用」・「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴを付与し、全国でリニューアル発売します。

積極的な情報発信を行うとともに、お客さまの期待に応えていくことで、マーガリン市場の拡大を図ってまいります。


■ 家庭用マーガリン類

家庭用マーガリン シリーズ