カカオポリフェノール・カカオプロテインの情報公開中!

みんなのチョコレート健康ライフ

株式会社明治

チョコレートでおいしく健康に ストレス×チョコレート

TOP > チョコレートでおいしく健康に ストレス×チョコレート

チョコレートでおいしく健康に 健康×チョコレート

チョコレートでおいしく健康に

  • 便通改善×チョコレート
  • 脳活性化 × チョコレート
  • 動脈硬化 × チョコレート
  • 血圧低下 × チョコレート
  • ストレス × チョコレート
  • 美容 × チョコレート
  • アレルギー × チョコレート

注目されるカカオポリフェノールの「抗ストレス効果」
チョコレートでストレス予防とは

現代人をむしばむストレス

環境問題、人間関係、仕事上の悩み……。いずれも現代人にとってはストレスを引き起こす大きな問題です。過剰なストレスは心身にさまざまな悪影響を及ぼします。ストレスが原因で生じるカラダのトラブルをあげればきりがありません。また、ストレスを感じると脳の働きによってコルチコステロンというホルモンが分泌されますが、このホルモンには免疫力を抑制する働きがあり、過剰にストレスがかかり続けると、病気への抵抗力が低下してしまうおそれがあるのです。

こうしたさまざまなトラブルを避けるためにはどうすればよいのでしょうか。残念ながら、現代社会ではストレスそのものを減らすようなことはなかなかできません。では、ストレスをうまくコントロールする方法はないのでしょうか。その鍵を握っているものこそカカオポリフェノールなのです。

ストレスと病気

ストレスが原因で発症する疾患には次のようなものがあります。その疾患はほとんど全身に及ぶといっても過言ではありません。

●心臓や血管系の疾患
高血圧症、虚血性心疾患、不整脈など
●消化器系の疾患
胃・十二指腸潰瘍、神経性胃炎、摂食障害など
●内分泌代謝系の疾患
糖尿病、バセドウ病など
●皮膚の疾患
円形脱毛症、アトピー性皮膚炎など
●骨・筋肉系の疾患
肩こり、腰痛、緊張性頭痛、慢性関節リウマチなど
●神経系の疾患
自律神経失調症、偏頭痛など
●眼の疾患
眼精疲労、緑内障など
●産婦人科系の疾患
月経異常など
●精神的なの疾患
躁うつ病、神経症など

引用:伊藤恭子. Food Style21, 4(3), 81-3, 2002.

グラフを見れば、現代人の心身にかかるストレスは年々、増大の一途をたどっていることがわかります。この問題をいかに解決するかは、現代社会の大きな課題といえます。

ストレスホルモンを抑える
カカオポリフェノール

右のグラフは、血液に含まれるストレスホルモンの量を比較しています。実験は動物を用いたものですが、カカオポリフェノールにストレスホルモンの分泌を抑える作用があるという結果は、常にストレスにさらされている現代人にとって興味深いものといえるでしょう。

ストレス付加と同時に
カカオポリフェノールを
与えた場合
ストレスホルモンは
大幅に減少!

引用:伊藤恭子. Food Style21, 4(3), 81-3, 2002.

ストレス予防・緩和に
カカオポリフェノールが効果

上記の実験ではストレス付加と同時にカカオポリフェノールを与えましたが、カカオポリフェノールを含む食べ物をあらかじめ与えておくと、ストレスを感じる場面に遭遇しても、ストレス反応が抑制されることがわかりました。このほか、すでにストレスを感じている場合でも、カカオポリフェノールを与えることによって、ストレス反応が緩和されることも明らかにされています。

チョコレートはストレス社会に生きる知恵

強いストレスを感じて集中できなかったり、持てる能力を発揮できなくなったという経験は、誰にでもあることでしょう。そればかりか、心身に負担をかけすぎた結果、病気にまでいたることは珍しくありません。イライラしているとき・気分がふさいでいるとき・疲れているとき・チョコレートを食べると気持ちが落ち着き、リフレッシュできます。これはいわば「自分がどのように感じるか」という主観的な部分です。

それに加え、最新の研究結果はチョコレートの成分が直接カラダに働きかけて症状を改善してくれる「抗ストレス効果」のあることを示しています。おいしさだけでなく、機能の面でも ストレスを和らげる効果が期待できるチョコレートは、ストレスに囲まれた現代人の良きパートナーといえるかもしれません。

チョコレートでおいしく健康に

  • 便通改善×チョコレート
  • 脳活性化 × チョコレート
  • 動脈硬化 × チョコレート
  • 血圧低下 × チョコレート
  • ストレス × チョコレート
  • 美容 × チョコレート
  • アレルギー × チョコレート