なぜ、母乳がいちばんなの?

このページでは、なぜ赤ちゃんにとって母乳が一番なのかを紹介していきます。母乳に含まれる栄養・成分など気になる情報が掲載しています。

母乳とは最良の栄養

赤ちゃんを育てる母乳。母乳は、「赤ちゃんにとって最良の栄養」です。

母乳に含まれる成分

母乳には、赤ちゃんの成長に必要なさまざまな成分が、最適な量とバランスで含まれています。

その成分とは、たんぱく質・糖質・脂質・ビタミン類・ミネラルといった栄養素、赤ちゃんを感染症から守る感染防御因子など。

いずれも赤ちゃんの成長になくてはならない成分です。

授乳中のママの栄養

そして、授乳中のママにとっては、バランスのとれた食事がとても大切です。

ママの食事のポイントは、

1:食事は3食、いろいろな食品をバランス良く摂る

2:良質なたんぱく質を積極的に摂る

3:脂肪は、肉や魚からバランス良く組み合わせて摂る

4:赤身の肉・魚・貝類・納豆・緑黄色野菜など、血をつくる食品を積極的に摂る

5:水分を十分に摂る

これらのポイントをしっかり守ってくださいね。

らくらくショッピング